トップ > 北米 > アメリカ > ヒューストン特派員 > No.45〉番外編『アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』フェアバンクス編

アメリカアメリカ/ヒューストン特派員ブログ

No.45〉番外編『アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』フェアバンクス編

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2014年9月12日

アメリカのケーブルテレビでは、アラスカを舞台にした番組がよく放送されています。


わたしたち夫婦の好きな番組のひとつに、ディスカバリーチャンネル(Discovery Channel)の『Bering Sea Gold (邦題 / ベーリング海のゴールドラッシュ)』があります。
アラスカのベーリング海ぞいで、6つのグループが、ショベルカー、または巨大掃除機的なもので、海底に眠る砂金を採取する姿を追いかけた、リアリティー番組です。


FB.jpg


この7月、ついに「砂金採りキャンプツアー」に参加しました。その様子を含むアラスカの旅行記を6回に分けてお伝えてしていきます☆


ヒューストンから飛行機で、約5時間。アラスカ第2の都市・フェアバンクス(Fairbanks)にやってきました。


1902年、イタリア人のフェリクス・ペドロ(Felix Pedro)が、現在のフェアバンクス近郊で金を発見。多くの労働者たちが押し寄せ、ゴールドラッシュに沸きました。
1969年には、北極海ぞいで油田が見つかり、その拠点となった街は、大きく発展しました。


内陸部の中心地であり、ゴールドラッシュの街ということから、フェアバンクスは「金の中心都市(Golden Heart city)」と呼ばれています。


FB1.jpg


明後日からのツアーの集合場所、空港近くの「アルパインロッジ(Alpine Lodge)」に泊りました。スタッフは親切でフレンドリー。部屋は、簡素で清潔でした。飛行機の騒音で眠れない、ということはなかったのですが、部屋の冷蔵庫がうるさかったので、コードを抜いて寝ました(笑)


翌朝、ホテルの目の前のバス停から、路線バスで街を散策することに。バスが来て、女性の運転手さんに20ドル札を渡すと
「バスにはお釣りがないから6ドル(一日乗車券はひとり3ドル)きっちり払って」


FB2.jpg


バスには乗客がひとりいて、両替しようか、と言ってくれたのですが、彼女が持っていたのは、棒状の25セント硬貨(10ドル分)×2本......。
そんなに小銭ばっかりになっても重いし、と困っていると、旅を楽しんで、と運転手さんが一日乗車券をくれました! 優しさに感謝です♡


まず、訪れたのが、「タナナバリー・ファーマーズマーケット(Tanana Valley Farmer's Market)」。この街で最も歴史のあるマーケットです。


FB3.jpg

▲(左下)手作りイチゴジャム / (Lサイズ) $6.50
▲(右下)白樺林で生演奏を聴きながら、ランチ。ローカル気分を満喫!


地元でとれた新鮮野菜や花、ハチミツ、手作りの石けんやアクセサリーなど多くの露店があり、とても賑わっていました。お土産に買った手作りジャムは、イチゴたっぷり&フレッシュな味わいで、すぐに食べきっちゃいました♪ 


バスに乗り、ダウンタウン方面へ。


FB4.jpg


金の採掘用品や鉱石をとり扱う「アラスカン・プロスペクターズ(Alaskan Prospectors)」をのぞいたり、スーパーマーケット「フレッド・メイヤー(Fred Myer)」で、キャンプで食べるお菓子や飲み物を買ったりして、買い物を楽しみました


FB5.jpg


夕方、最終便のバスに乗車できたのですが、それはホテルの前まで行かないので、ホテルに一番近いところで下車。野花をカメラに収めつつ、歩きました。


疲れたので、チェナ川ぞいのレストラン「パイクス・ランディング(Pike's Landing)」でディナーすることに。


外輪船が通りすぎるのを眺めながら、アラスカの地ビール($4.75)で乾杯!


FB6.jpg


こってりすぎずクリーミーなカニのビスク(Crab bisque / $12.95)と、ジューシーなフラットアイロン・ステーキ(Flat Iron Steak / $21.95)を美味しくいただきました。
ただ、前菜のスープとメインの料理が同時にサーブされたので、順番に出してくれたらもっと良かったのに、と残念に思いました。前もって確認することをおススメします。




☆おまけ☆

FB9.jpg

▲クリスマスのキャンディケイン(Candy Cane / 杖型のアメ)を彷彿とさせる店のサインや街灯。


キャンプの帰りに、フェアバンクスから20kmの距離にあるノースポール(North Pole)に寄りました。〈サンタクロースのふる里〉として知られ、毎年、クリスマスが近づくと、サンタクロースへ世界中から手紙が届きます。


FB8.jpg

▲「サンタクロース・ハウス」の外では、トナカイがまどろんでいた。


町のシンボルといえば「サンタクロース・ハウス(Santa Claus House)」。
店内は、クリスマス一色! 華やかなクリスマスツリーや、カラフルなおもちゃは見ているだけで、わくわくうきうき☆クリスマスが待ち遠しくなります。


FB7.jpg


サンタクロースがいたので、ぜひ一緒に写真を、と思ったのですが、ほかのお客さんと話していたので、ひとまず、家族への絵ハガキを書くことに。ノースポールの消印を押してくれる、人気のお土産のひとつです。


FB10.jpg


ハガキを書き終わり、サンタクロースのところへ戻ると、い、いない! しばらく待ちましたが帰ってきませんでした。わたしが訪れた時期の閉店は午後8時だったのですが、6時を回った時点で、終業時間だったのかも......。とほほ。


次回は、砂金採りキャンプツアーをご紹介します。どうぞ、お楽しみに☆




FB11.jpg
☆今日の一首☆
ほんとうのことだけつたえられたなら ゆうき野菜の産直販売

♪お役立ちウェブサイト♪

MACS(路線バス)    co.fairbanks.ak.us/busroutes


◇アクセス情報◇

Alpine Lodge
 住所: 4920 Dale Road, Fairbanks, Alaska
 電話: 1-800-455-8851
 HP: akalpinelodge.com


Tanana Valley Farmer's Market
 場所: 2600 College Road, Fairbanks, Alaska
 電話: 907 456-3276
 HP: tvfmarket.com
 開催日時:水、日曜日 11:00~16:00 / 土曜日9:00~16:00
 ※2014年は5月10日~9月21日まで開催。詳しくは、HPをご覧ください。


Alaskan Prospectors
 住所:504 College Road, Fairbanks, Alaska
 電話:907-452-7398
 営業時間:火~金曜日 10:30~17:00 / 土曜日 12:30~17:00 / 定休日:日曜日


Pike's Landing            
 住所:4438 Airport Way, Fairbanks, Alaska
 電話:907-479-6500
 HP:pikeslodge.com


Santa Claus House
 住所: 101 St. Nicholas Dr. North Pole, Alaska
 電話: 1-800-588-4078
 HP: santaclaushouse.com
 営業時間:月~土曜日 10:00~18:00 / 日曜日10:00~17:00
 ※上記は、2014年9月8日~11月29日の営業時間です。
 季節によって異なりますので、詳しくはHPでご確認ください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ザーカー 久美子

アメリカ・ヒューストン特派員のザーカー 久美子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ヒューストン特派員
名前:ザーカー 久美子

ザーカー 久美子

ヒューストン特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ヒューストン(テキサス)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヒューストン特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ヒューストン特派員 > No.45〉番外編『アラスカ・ゴールドラッシュ紀行』フェアバンクス編

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について