トップ > 北米 > アメリカ > ヒューストン特派員 > No.41〉ヒューストンで運転するときに注意したい7つのこと

アメリカアメリカ/ヒューストン特派員ブログ

No.41〉ヒューストンで運転するときに注意したい7つのこと

カテゴリー:お題 / 交通・鉄道・航空 投稿日:2014年8月13日

旅先で電車やバスに乗り、ローカル気分を味わうのが好きなわたしですが、ヒューストンでは、その体験が難しい。というのも、観光名所やショッピングモールが東西南北に散らばっており、ダウンタウンを離れると、バスが走っていないところが多いのです。


RD.jpg

▲ダウンタウンは、二重の環状線に囲まれている。


となると、車で移動、ということになります。今回は、ヒューストンの運転事情をお届けします。


RD1.jpg

▲アメリカは、日本と反対の右側通行。


まずは、日本と違う交通ルールを3つご紹介します。


 1)右折の際、赤信号でも左から車が来ていなければ、右折可。
 2)線路は、一時停止せずに通過する。
 3)十字路で『4-WAY / ALL-WAY』の赤い標識があるときは、最初にそこへ到着した車が優先。同時に十字路についた時は、右側の車が優先。


運転を始めた当初、1のルールを忘れ、うっかり止まっていたら、後ろからクラクションの嵐に遭い、焦りました......。


RD2.jpg

▲レンタカーの場合、『EZ-TAG ONLY』をスムーズに通過し、レンタカー会社に後払いするのがおススメ。


次は、高速道路の料金所についてです。基本的に無料の道が多いのですが、ダウンタウン周辺の『TOLLWAY』では、料金(一区間$2弱)を支払います。


料金所では、3つのオプションがあります。


 1)EZ-TAG ONLY(日本のETCと同じ)
 2)EXACT CHANGE / COINS ONLY(25セント硬貨で支払う)
 3)CHANGE MADE(係員からおつりを受け取ることができる)


2は、料金分の25セント硬貨を、運転席の高さに設置されたバケツ的なものに投げ入れます。運動会の玉入れさながらです(笑)


RD4.jpg

▲道路に、虹の橋が架かっていた。


最後に運転するときの注意点を3つほど。


こちらでは、ウインカーを出さないで車線変更する車が、非常に多いです。突然、前に割り込んでくることは日常茶飯事。
高速の入り口からウインカーも出さずに、『4車線切り』して追い越し車線へ突撃いく車も。こ、怖い......。


RD5.jpg


大型トラックの長距離輸送が多いせいか、道のど真ん中に、タイヤから剥がれたゴムが落ちていることがあります。けっこう、あります。避ける際には、隣車線の車に注意してください。


そして、日本でも最近多い『ゲリラ豪雨』。
こちらの道路は、アスファルト舗装でなく、コンクリート製で水はけが悪いせいか、大雨の日に高速道路にのると、ホワイトアウト!前が全く見えない状態に。
運転に自信のないわたしは、最右車線で、路肩を頼りに運転しています。


RD6.jpg


先日、日本から友人が来た際には、3日連続!で交通事故を見ました。そして、4日目には、ガソリンスタンドで燃えている車を目撃!!
運転にはくれぐれも注意して、旅を楽しんでください♪


次回は、プレミアム・アウトレットモールをご紹介します。どうぞ、お楽しみに☆


(8月のお題 / 気をつけたい旅のトラブル)



RD7.jpg
☆今日の一首☆
逃げ水を求めることはできなくてあなたを忘れていくしかなくて

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ザーカー 久美子

アメリカ・ヒューストン特派員のザーカー 久美子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ヒューストン特派員
名前:ザーカー 久美子

ザーカー 久美子

ヒューストン特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ヒューストン(テキサス)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヒューストン特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ヒューストン特派員 > No.41〉ヒューストンで運転するときに注意したい7つのこと

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について