トップ > アジア > 香港 > 香港2特派員 > 香港の離島へ行こう!シャープアイランド編

香港香港/香港2特派員ブログ

香港の離島へ行こう!シャープアイランド編

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2021年6月 7日

香港には250以上の大小の島々があります。
今日ご紹介するのは西貢(Sai Kung)からボートで10~15分くらいのところにある
比較的行きやすいシャープアイランド((橋咀島)。
おもしろい形の岩や
更衣室のあるビーチもあるので家族連れでも楽しめるところです。

IMG_8777.jpg

西貢埠頭から数社がシャープアイランド行きのボートを出しています。
どこも往復HK30。
帰りのチケットをなくさないように要注意。
同じボート会社しか乗船できません。

IMG_8779.jpg

猫ボートを操るのは白髪が美しいおばあちゃま。
慣れた手つきで、かっこい~!

IMG_8781.jpg

約15分でシャープアイランドの埠頭に到着します。
埠頭近くに更衣室とキオスクがあります。

IMG_8783.jpg

それほど広くないビーチでは
浮き輪で泳いだり、カヤックで上陸している人の姿も。
遠浅なので子どもでも安心だからか、
比較的家族連れが多いです。
日陰が少ないので、小さなお子さん連れはテントを持参するのもいいでしょう。
IMG_8789.jpg

IMG_8797.jpg

ここは1億数4千年以上前の火山噴火により形成された地層群が露出した無人島で、
ユネスコ世界ジオパークにも認定されています。
地質学者が大喜びしそうな場所ですが、
そうでない人も必ず撮影するのは香港名物パイナップルパンにちなんだ「菠蘿包石(パイナップルパン石)」。
風化や浸食によって亀裂が入り、このような形になったそうです。
ちなみに西貢埠頭近くにあるサイクンベイカリーで売っているパイナップルパンがおいしいそうなので
帰り際に時間があったらぜひお試しを。

IMG_8890.jpg

IMG_8786.jpg

干潮の時はなんとトンボロ現象(連島沙洲)が現れ、対面の小島に歩いて渡ることができるんです。
渡れる時間帯は日によって変わるので(渡れない日もあり)、スケジュール表で確認。

IMG_8851.jpg

渡った先の小島にはほとんど人がいないうえに水が驚くほど透明。
遠浅なので泳ぐこともできますが、
貝や小石があるのでビーチサンダルかウォーターシューズを履いた方がベター。
スノーケリングしている人もいました。
帰りのボートの時間を確認して、時計を見ながら余裕を持って埠頭へ行くようにしましょう。


コンクリートジャングルのイメージがある香港ですが、
南国のリゾート地のアイランドホッピングできる島もあります。
今度香港を訪れたときには、
香港の離島に足を延ばしてみてはいかがでしょうか。


==========================================

香港やそのほかの海外旅行の写真はwandermiwandermi
ハイキングやランニングの記録はruntheworldmiruntheworldmi
でご覧いただけます!
いまは行けないけれどバーチャル旅行をお楽しみください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

りんみゆき

香港・香港2特派員のりんみゆきが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港2特派員
名前:りんみゆき

りんみゆき

香港の魅力にどっぷりとはまり、香港在住22年。フライトアテンダント、日本語教師を経て、現在はライター、通訳、学校運営に関わっています。気づけばどこかの国のどこかの街に出没していて、今までに訪れた国は約60ヶ国というほど旅行中毒。香港は西洋と東洋が混ざり、古いものを大事にしながらも新しいものを受け入れる国際都市。季節のさまざまなイベントをはじめ、山歩きやパワースポットなどあまり知られていない香港の魅力を発信できればと思います。もちろん、食べることも飲むことも大好き!なので、グルメ情報もタイムリーお届けします。
ブログ
ウェブサイト DISQUS ID @2web

香港2特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港2特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港2特派員 > 香港の離島へ行こう!シャープアイランド編

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について