トップ > アジア > 香港 > 香港2特派員 > 香港を歩く!ビクトリア市の6つの境界石

香港香港/香港2特派員ブログ

香港を歩く!ビクトリア市の6つの境界石

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年6月 1日

香港といえばグルメやショッピングというイメージがありますが、
1997年まではイギリスの植民地であり、歴史的にも興味深いモノが
よく見ると町中のいたるところに残っています。

今回ご紹介するのはビクトリア市の境界石です。
1841年に英国軍が上陸し香港島領有を宣言した後、
1843年には島北岸一帯を当時のビクトリア女王にちなみ、ビクトリア市と命名しました。
香港政府は1903年にCity of Victoria(ビクトリア市)の範囲を明示し、その境目に石が置かれることになりました。
その6つの石は今でも残っています。

よく見て歩かないと見過ごしてしまうほど、気にしていないとあまり存在感のない石ですが、
以下の6か所にあります。

IMG_8589.jpg

今回は全箇所を歩いて回ってみました。
スタート地点:ケネディータウン
ゴール地点:コーズウェイベイ
距離:約16km
所要時間:約4時間半

IMG_8582.jpg

1つ目 西寧街 (Sai Ning street)沿いの北側の公園内のごみ箱近くにあります。

IMG_8585.jpg

2つ目 薄扶林道( Pok Fu Lam Road)沿い、香港大学の近くにあります。

IMG_8594.jpg
IMG_8592.jpg

3つ目 克頓道(Hatton road ) 龍虎山郊野公園のトレイルにあり、当時のビクトリア市の白黒写真もあります。

IMG_8614.jpg

ピークで一休み。

IMG_8615.jpg

4つ目 舊山頂道 ( Old Peak Road)沿い、 地利根徳徑 (Tregunter Path)との交差点付近にあります。

IMG_8620.jpg

次の石にたどり着く前に少し寄り道をして、
香港の恋愛のパワースポットでもある婚姻石に立ち寄ってみるのもいいでしょう。

IMG_8624.jpg

5つ目 寶雲道 ( Bowen Road)のトレイルにあり、 司徒抜道(Stubbs Road)の交差点の手前にあります。
この道は別名フィットネストレイルとあるだけあって、ジョギングをしているランナーが多くいます。

IMG_8631.jpg

6つ目 黄泥涌道 (Wong Nai Chung Road)ハッピーバレーの競馬場沿い、聖保祿小学校前(東端)にあります。


1900年代初期の香港を想像しながらビクトリア市の境界線を歩いてみると
今までとは違った香港が見えてくるかもしれません。
香港をよく知っているリピーターや在住の方にもおすすめです。

==========================================

香港やそのほかの海外旅行の写真はwandermiwandermi
ハイキングやランニングの記録はruntheworldmiruntheworldmi
でご覧いただけます!
いまは行けないけれどバーチャル旅行をお楽しみください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

りんみゆき

香港・香港2特派員のりんみゆきが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港2特派員
名前:りんみゆき

りんみゆき

香港の魅力にどっぷりとはまり、香港在住22年。フライトアテンダント、日本語教師を経て、現在はライター、通訳、学校運営に関わっています。気づけばどこかの国のどこかの街に出没していて、今までに訪れた国は約60ヶ国というほど旅行中毒。香港は西洋と東洋が混ざり、古いものを大事にしながらも新しいものを受け入れる国際都市。季節のさまざまなイベントをはじめ、山歩きやパワースポットなどあまり知られていない香港の魅力を発信できればと思います。もちろん、食べることも飲むことも大好き!なので、グルメ情報もタイムリーお届けします。
ブログ
ウェブサイト DISQUS ID @2web

香港2特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港2特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港2特派員 > 香港を歩く!ビクトリア市の6つの境界石

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について