トップ > アジア > 香港 > 香港2特派員 > 香港の離島へ行こう!馬灣編

香港香港/香港2特派員ブログ

香港の離島へ行こう!馬灣編

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年4月16日

香港といえば高層ビルが密集している大都会
というイメージがありますが、実は驚くほど緑があり、
そして驚くほど多くの島があります。
セントラルやコーズウェイベイの繁華街がある香港島も
実は島なんです。

香港には約250以上の大小の島々があり、その多くは無人島です。
今度香港に訪れる際、特にリピーターさんに「こんなところもあるんだ~」の予備知識として
いくつかの島を紹介していきます。

今回紹介するのはマーワン(馬灣) (英語名:パークアイランド)です。


行き方:セントラルの2番埠頭からフェリー 、またはMTR青衣(チンイ)からシャトルバス


パークアイランドは青衣とランタオの2つの島の間に位置し、
橋を利用して行くことができますが、一般車は乗り入れ禁止地区です。
以前は静かな漁村でしたが2002年から2006年にかけて高層アパートが開発され、
テーマパークやビーチなどを楽しむために集まる人が増えました。


IMG_7598.jpg

ビーチ沿いには何軒かのレストランとカフェが並んでいます。
こどもを目の前のビーチで砂遊びをさせながら、
大人はランチやドリンクをゆっくりいただきながら休日を過ごすファミリーの姿も。
ビーチにはシャワーや更衣室の設備もあり、ライフガードも常駐しています。

IMG_7612.jpg

ビーチの端、橋の下付近にある大きな物体はノアの方舟!
実物大を再現した「Noah's Ark ノアの方舟 」の
テーマパーク&ホテルがあります。


IMG_7654.jpg

ネイチャートレイルをハイキングして、
いろんな角度からの橋ウォッチングするのもよし。
展望台からは香港島も見える絶景です。
少し登りますが、初心者でも大丈夫。

IMG_7661.jpg

今は廃墟となってしまった、以前は漁村だったところ。
現在は2024年にオープン予定の開発のため、
近くまでは行くことができますが村を歩き回ることはできません。

ひとつの島で
ビーチ、ハイキング、テーマパーク、食事、昔を垣間見ることができ、
アクセスも便利なマーワン。
次回香港に来た時には行ってみたいリストに追加してみてはいかがでしょうか。
特に家族連れにおすすめです。

==========================================

香港やそのほかの海外旅行の写真はwandermiwandermi
ハイキングやランニングの記録はruntheworldmiruntheworldmi
でご覧いただけます!
いまは行けないけれどバーチャル旅行をお楽しみください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

りんみゆき

香港・香港2特派員のりんみゆきが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港2特派員
名前:りんみゆき

りんみゆき

香港の魅力にどっぷりとはまり、香港在住22年。フライトアテンダント、日本語教師を経て、現在はライター、通訳、学校運営に関わっています。気づけばどこかの国のどこかの街に出没していて、今までに訪れた国は約60ヶ国というほど旅行中毒。香港は西洋と東洋が混ざり、古いものを大事にしながらも新しいものを受け入れる国際都市。季節のさまざまなイベントをはじめ、山歩きやパワースポットなどあまり知られていない香港の魅力を発信できればと思います。もちろん、食べることも飲むことも大好き!なので、グルメ情報もタイムリーお届けします。
ブログ
ウェブサイト DISQUS ID @2web

香港2特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港2特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港2特派員 > 香港の離島へ行こう!馬灣編

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について