トップ > アジア > 香港 > 香港2特派員 > 旧正月の花火観賞、まさかココで!?

香港香港/香港2特派員ブログ

旧正月の花火観賞、まさかココで!?

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2019年2月 7日

2019年の旧正月の花火は2月6日の午後8時から約23分間
ビクトリアハーバーに打ち上げられ、香港の夜空を飾りました。
かかった費用は900万香港ドル
打ち上げられた花火の数は23,888発という豪華なものでした。

私がこの観賞をしたのは、
なんと尖沙咀のスターフェリー乗り場。
予約をしたときは、ハーバークルーズだと思っていました。
いざ行ってみると、ハーバークルーズ乗り場の待機所でずっと待ち状態。
いつになったらボートに乗るのかとスタッフに尋ねると、
「観賞はここからですよ」とのこと。
予約をするときに旧正月花火クルーズの3時間コースと1時間コースがあり、
よく読まずに短い方がいいやと1時間を選択したことを思い出しました。
どうやらその3時間がフェリーからの花火観賞、
1時間は乗り場からの観賞だったようです。

IMG-3330.JPG

飲み物と旧正月の縁起のいいお菓子もついてきました。(アルコールはなし)
椅子に座りながら、開始時間を待ちます。

IMG_3409.JPG

バンバンバンと次から次へと惜しみなく上がる花火は大迫力!
香港のスカイラインがおめでたい赤色に包まれます。
目の前に立ちはだかるものもなく、
乗り場には30人くらいしかいない。
プロムナードのように押されることもなく快適にウォッチング。
8つのテーマで繰り広げられたということで、
干支の豚の鼻の形やバレンタインが近いからハート型の花火も打ち上げられました。


ボートの場合停泊できるエリアがかなり花火から離れたところになり
終わったあともすぐには帰れないので
一瞬唖然とした乗り場観賞も結果的にはよかったという結論に達しました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

りんみゆき

香港・香港2特派員のりんみゆきが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港2特派員
名前:りんみゆき

りんみゆき

香港の魅力にどっぷりとはまり、香港在住22年。フライトアテンダント、日本語教師を経て、現在はライター、通訳、学校運営に関わっています。気づけばどこかの国のどこかの街に出没していて、今までに訪れた国は約60ヶ国というほど旅行中毒。香港は西洋と東洋が混ざり、古いものを大事にしながらも新しいものを受け入れる国際都市。季節のさまざまなイベントをはじめ、山歩きやパワースポットなどあまり知られていない香港の魅力を発信できればと思います。もちろん、食べることも飲むことも大好き!なので、グルメ情報もタイムリーお届けします。
ブログ
ウェブサイト DISQUS ID @2web

香港2特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港2特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港2特派員 > 旧正月の花火観賞、まさかココで!?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について