トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > ドンキが香港で回転寿司店を10月29日にオープン

香港香港/香港特派員ブログ

ドンキが香港で回転寿司店を10月29日にオープン

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年10月16日

総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」などを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)のアジア向けの業態で、スーパーマーケットを中心としているのが「Don Don Donki」です。香港でさらに拡張をしていますが、今度は10月29日に「鮮選壽司 海之戀店(SEN SEN SUSHI OP Mall Store)」を10月29日、MTR荃湾西(Tsuen Wan West)駅にあるショッピングモール「海之恋」(OP Mall Store)にオープンさせることを、このほど発表しました。(写真提供:SPRG)

Sen Sen Sushi 8.jpg

香港のドンキは日本と比べて生鮮品と食料品が合わせて8割くらいを占めており、イメージ的にはスーパーマーケットというスタイルを取っています。香港の日本食は依然として高いことと、日本の食材を香港に多く輸入・販売している強みを生かして、自ら回転寿司を運営することになりました。

Sen Sen Sushi 1.jpg

店の大きさは380平方メートル、座席は181席。日本人料理人がいるほか、魚をさばくところ、光と音楽の演出もするなどドンキらしさも散りばめています。寿司の料金は12、17、27、37香港ドルの4種類で、合計で100を超えるネタを取り揃えます。12ドルはスモークサーモン、炙り赤エビ、北海道産タコ、ツブ貝、シメサバなどです。17ドルは、うなぎ、トロサーモン、松葉ガニ、赤貝、ホタテ、カンパチなどがあります。27ドルは黒マグロの大トロ、サーモン・アボカド巻、鯛などが食べられます。37ドルではマグロの3点セットなどが。今の回転寿司はフライドポテトなどサイドメニューの充実度が大きなポイントとなっていますが、このように鮮選壽司ではほとんどを純粋な寿司ネタで勝負します。米は北海道産のななつぼしを持ち込み、香港で精米するそうです。

Sen Sen Sushi 15.jpg

香港のトップを務める竹内三善董事長兼社長は「味には自信があり、きっと満足できるものになっていると思います」と筆者に語ってくれましたが、実は香港で食べたほうが日本中の寿司ネタを食べられたりするので、関心のある方はぜひ。


★鮮選壽司 海之戀店(SEN SEN SUSHI OP Mall Store)
・住所: Shop 2001, 2/F., OP Mall, 100 Tai Ho Road, Tsuen Wan, New Territories, Hong Kong
・営業時間: 10:00~23:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > ドンキが香港で回転寿司店を10月29日にオープン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について