トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 中国本土から隔離なしで香港に入境できる「回港易」と「来港易」

香港香港/香港特派員ブログ

中国本土から隔離なしで香港に入境できる「回港易」と「来港易」

カテゴリー:治安・渡航安全情報 投稿日:2021年9月13日

中国・マカオに住む香港居民が香港に戻るときに隔離が免除される「回港易(Return2hk)」と同じく中国・マカオに住む中国人と外国人が香港に戻るときに隔離が免除される「来港易(Come2hk)」について、香港政府は前者を2021年9月8日から全面回復させ、後者を9月15日から開始させることを決めました。

001.JPG

香港政府は中国との経済的な関係もあり中国との往来をしやすくしたいというところがあります。そこで、回港易は中国本土とマカオに住む香港居民が香港に戻るときに隔離なしでも入境を認めるというものです。もちろん事前に事務的な手続きをすることやPCR検査で陰性であることを証明するなどをしなければなりません。


来港易はその中国本土の人や中国に滞在している外国人向けのスキームです。これまで何度も実現が叫ばれていたのですが、6月に棚上げされていました。これが9月15日よりついに実施されます。こちらも諸手続きやPCR検査の陰性証明などが必要となる予定です。


これにより中国やマカオに滞在している日本人は隔離なしで香港に入れるようになります。また、日本から香港もワクチン接種が完了(2回目を終えて14日が経過)いれば政府指定ホテルで14日間の強制隔離をすれば入境できます。

香港政府は重症急性呼吸器症候群(SARS)の経験などから「まだゼロコロナ政策を続ける」と発言しているので、一気に渡航規制が緩くなることはないと思いますが、ゆっくりではありますが確実に入境への規制緩和を進めています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 中国本土から隔離なしで香港に入境できる「回港易」と「来港易」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について