トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 第3滑走路が完成しました。新ターミナルも2024年に完成予定

香港香港/香港特派員ブログ

第3滑走路が完成しました。新ターミナルも2024年に完成予定

カテゴリー:交通・鉄道・航空 投稿日:2021年9月16日

2016年から建設を進めていた香港国際空港(HKIA)の滑走路がこのほど完成しました。今後は付帯設備の整備を進めて2022年下半期から運用したいと香港政府はコメントしています。香港国際空港のハブ空港としての能力向上により、新型コロナウイルスが落ち着いたあとの李バンド需要などにもしっかり対応できることが期待できます。(写真提供:HKIA)


pr_1560_Paving of The Third Runway_06-1.jpg

もともと、香港国際空港は新型コロナとデモの前の2018年は年間8000万人が利用する世界屈指の空港でした。2018年の成田国際空港の国際線利用者は3600万人、羽田空港の国際線が1800万人、合計で6400万人なので香港の発着能力の高さがわかると思います。それでも香港国際空港は限界に達したため香港政府は第3滑走路の建設を決めました。

総工費は約1415香港ドル、全長は3800m、幅60mで現在、付帯設備の工事を進めています。この滑走路を建設するための埋め立て地の大きさは650ヘクタールにも達します。


第3滑走路の建設にともない、大きさ28万平方メートルのT2と呼ばれる新しいターミナルの建設も平行して進められていて2024年の完成を目指しています。ここには駐機場が63機あり、T2によってさらに年間3000万人が香港を訪れることが可能になります。従来の8000万人と合わせると乗客の処理能力は1.2億人と億を超えることになります。


香港国際空港は長い間、世界から高い評価を得てきましたがそれは使いやすさなど乗客にやさしい空港だからだったと思います。T2も最新機器の導入などを行って乗客に使いやすい空港になるのではないかと期待しています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 第3滑走路が完成しました。新ターミナルも2024年に完成予定

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について