トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > ワクチン接種完了を条件に香港への渡航が解禁となりました

香港香港/香港特派員ブログ

ワクチン接種完了を条件に香港への渡航が解禁となりました

カテゴリー:治安・渡航安全情報 投稿日:2021年8月12日

香港に居留資格を持っている人以外の香港への渡航ですが2020年3月25日より事実上禁止となっていましたが、ワクチン接種完了を条件に2021年8月9日より約1年半ぶりに解禁されました。

001.jpg

香港政府は国や地域の感染レベルを3段階に分け日本は真ん中のグループBに属します。ワクチン接種完了についてですが、香港政府が認めているワクチンは日本政府が採用しているファイザー、モデルナ、アストラゼネカ各社のワクチンはすべて入境を認めています。


接種完了の証明書と渡航72時間前PCR検査の陰性証明、そして14日間の政府指定ホテルでの予約確認書が飛行機に乗るときや入境手続きをするときに必要となります。そして、さらなる朗報ですが8月18日からは抗体検査が陽性であれば7日間の強制隔離に短縮されます。それにはまず香港政府が指定した検査機関にインターネットで登録し、検査のための支払いをします。香港国際空港到着後、PCR検査を行い、その後に抗体検査のための採血が行われます。


抗体を保有しているかどうかは2日以内に判明するそうなので、隔離2日目あたりに結果がわかります。ホテルと本人に通知されます。基本は14日間の予約なので残り1週間分の払い戻しはホテルとの直接のやり取りでどうするのか決めます。1週間の強制隔離が終了したあとは、晴れて自由に香港観光を楽しめます。ただ、隔離終了後、9、12、16、19日目に香港内各所に設置されているところでPCR検査をする必要があります。これは簡単なのですぐ終わるでしょう。


日本に戻るとまた14日間の隔離措置を取らなければいけませんが、香港の鎖国が解除されたことは前向きに捉えたいと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > ワクチン接種完了を条件に香港への渡航が解禁となりました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について