トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > ミニバスのサインを製造する巧佳小巴用品が資料館を開設

香港香港/香港特派員ブログ

ミニバスのサインを製造する巧佳小巴用品が資料館を開設

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年7月30日

2018年3月30日付の特派員記事に「香港で買いたいおすすめのお土産 Part 7」というのを紹介しましたが、そこではバスの窓に行き先や値段をアクリルのボードについて紹介しています。その看板を製作しているのが巧佳小巴用品(Hawk Ltd.)で、2016年からはキーホルダーの販売などもしていることからお土産の定番となりましたが、このほど「小巴文化資料館」をオープンさせました。

001.JPG

麦錦生オーナーは香港で唯一のミニバスのサインを製作できる人ですが「ミニバスの文化や歴史を知ってもらいたかったのです。会社は上にあるんですが、下の階に空きがでたので、ここを資料館にすることにしました」と話してくれました。

002.jpg

正面入口には、昔の佐敦(Jordan)、油麻地(Yau Ma Tei)の西側の町並みを再現したミニチュアがディスプレイされています。奥には、前輪の後ろ以降をカットした本物のミニバスが置かれています。ミニバスを購入して、後ろをバッサリとカットしたそうですが、10万香港ドルかかったそうです。もちろん運転席にのれますし、助手席にもダミーのハンドルをつけて、助手席からでも運転手気分を味わえます。

003.JPG

壁沿いにはミニバスの歴史の簡単な解説や昔のミニバス車両の写真なども見られます。資料館に行くには最低15人の予約が必要ですが、渡航解禁後、行けそうな人はぜひ訪れてみてください。


★小巴文化資料館
・住所: G/F., 39 Battery Street, Jordan, Kowloon Hong Kong
・Tel:  9017 9587(事前に15人以上の予約が必要)
・営業時間: 10:30~18:00


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > ミニバスのサインを製造する巧佳小巴用品が資料館を開設

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について