トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港観光への道が開かれそうです

香港香港/香港特派員ブログ

香港観光への道が開かれそうです

カテゴリー:治安・渡航安全情報 投稿日:2021年6月29日

香港政府は、このほどワクチン接種が完了し、抗体検査で陽性であれば、非香港居民でも1週間の隔離をすれば入境を認める方針を打ち出しました。香港政府は2020年3月10日から北海道から入境する人に14日感の強制隔離を義務づけ、3月19日より中国本土、マカオ、台湾を除く国・地域の人に同じく14日の強制隔離を実施。さらに3月25日からは同じく中国本土、マカオ、台湾以外の国・地域からは入境は全面禁止と事実上の鎖国に踏み切りました。それ以来約1年4ヵ月ぶりに条件つきではありますが渡航解禁となりそうです。

20210620_073126.jpg

ガラガラの成田国際空港


条件があります。日本は防疫対象国・地域のグループ分けでB組に属していますが、まずワクチンの接種が完了し14日が経過していることです。次は香港国際空港でのPCR検査が陰性であること。最後は抗体検査での陽性証明の3つです。もしワクチン接種が完了していなれば21日間の強制隔離で、接種完了していても抗体検査で陰性であれば14日間の強制隔離となります。


依然として最短でも1週間隔離をしないといけませんし、日本に帰国すると14日の隔離がありますが、そもそも入境が認められることになるので、観光解禁の第1歩と言えると思います。なお、抗体検査のフォーマットなどの詳細は7月に発表される予定です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港観光への道が開かれそうです

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について