トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > キャセイと香港エクスプレスがワクチンパスポートの実証実験

香港香港/香港特派員ブログ

キャセイと香港エクスプレスがワクチンパスポートの実証実験

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 治安・渡航安全情報 投稿日:2021年6月23日

先進国を中心にワクチンの接種が進んでいますが、それにともなって国境を越える安全な移動方法を模索し始めています。香港のフラッグシップキャリアであるキャセイパシフィック航空とその傘下であるLCCの香港エクスプレスがそれぞれ「ワクチンパスポート」について実証実験を行いました。(写真提供:キャセイパシフィック航空、香港エクスプレス)

Photo 1.jpg

新型コロナが落ち着いてきたとしても、一気に渡航を解禁するのは再び感染拡大のリスクが高まるのでワクチンを接種した人から対応しようというのがワクチンパスポートです。世界にはスイスの非営利組織であるコモンズ・プロジェクトが世界経済フォーラムとの連携で行おうとしている「コモンパス」、国際航空運送協会(IATA)が世界の航空会社23社と共同で開発を進めている「IATAトラベルパス」、アメリカのDaonという生体認証技術を持つ企業が開発した「VeriFLY」などがあります。

Photo+3.jpg

基本的には、どのワクチンパスポートにも、本人の名前、パスポート番号、PCR検査の陰性証明、感染歴、ワクチンの接種歴などがスマートフォンに記録されます。乗客はいずれかのワクチンパスポートのアプリをインストールします。チェックイン時に航空券を提示すると同時にアプリを開き、QRコードが表示させます。グランドスタッフはそのQRコードをスキャンすると本人の新型コロナの情報がわかるので、大丈夫であれば搭乗手続きが進められるという流れです。


日本政府も導入を決定しましたし、日本航空(JAL)と全日空(ANA)は日本政府の発表より先だって実験を始めています。好む好まないにかかわらず世界でこの動きは止まらないと思いますので、どのようになっていくのか注目していきたいと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > キャセイと香港エクスプレスがワクチンパスポートの実証実験

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について