トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > ワクチンの接種次第で隔離短縮。日本は「ハイリスク国」

香港香港/香港特派員ブログ

ワクチンの接種次第で隔離短縮。日本は「ハイリスク国」

カテゴリー:治安・渡航安全情報 投稿日:2021年5月23日

香港への入境には政府が指定するホテルに21日間の強制隔離をしなければならないのですが、2021年5月12日よりワクチンの接種状況によって隔離期間が短縮されることになりす。その中で日本は、5月21日よりグループBに属することになりました。

002 Vaccine bubble japan belongs group b-1.png

日本はグループBに属すると書かれた香港政府のウェブサイト


香港政府は、国・地域ごとの感染状況によってグループA1、A2、B、C、Dの5段階で区分けして防疫対策を実施します。グループA1が最も厳しくブラジル、インドなどの国々が指定されています。72時間以内の陰性証明書の提出、空港到着直後にPCR検、21日間の強制隔離(隔離中に4回のPCR検査を行います)。隔離終了後は7日間の自主健康管理期間となり26日目にもPCR検査を受ける必要があります。グループA2はアイルランドとイギリスで、A1とは細かなところはありますが、PCR検査の数などは変わりません。


日本はグループBに属します。もともとグループCでしたが緊急事態宣言をするほど感染拡大が広まったので、より対策が厳しいグループBに編入されてしまいました。ワクチンの接種を終えていない人は、陰性証明や21日間の隔離などグループA1とほぼ同じ条件ですが、隔離終了後の7日間の自主健康隔離期間はありません。2回のワクチン接種を終えた人は隔離期間が14日間に短縮され、PCR検査は3回に減ります。隔離終了後の7日間は自主健康管理期間で2回のPCR検査を行わなければいけません。隔離もたいへんですが、香港政府が認めた医学的な陰性証明書を手に入れるには日本ですと3万円くらいかかるので、その辺は頭が痛いところです。


現時点で有資格者のみが香港に入ることができますが、一般人の観光が解禁されるときはワクチンの接種が必須になる可能性が低くありません。日本のワクチン接種は始まったばかりですが、そのときまでに接種が一般の人にまでスムーズにいくことを期待しましょう。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > ワクチンの接種次第で隔離短縮。日本は「ハイリスク国」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について