トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > ビオンテック社のワクチン接種一時停止と再開。接種者は隔離期間短縮へ

香港香港/香港特派員ブログ

ビオンテック社のワクチン接種一時停止と再開。接種者は隔離期間短縮へ

カテゴリー:治安・渡航安全情報 / 美容・健康・病院 投稿日:2021年4月 6日

香港政府は2021年3月24日に上海の復星医薬(Fosun Pharma)とドイツのビオンテックが共同開発・製造している新型コロナウイルス用のmRNAワクチン「復必泰(Comirnaty)」の接種を一時停止すると発表しました。そして、4月5日から接種を再開すると発表しました。(写真提供:香港政府新聞処)

P2021030800673_photo_1187794.jpg

2008年に創業したバイオテクノロジー企業であるビオンテック。日本においてはファイザーと共同開発したワクチンを供給しますが、香港においては復星医薬と共同開発したワクチンを供給してきました。ところが、キャップ部分の緩みによる中身の漏れが22件、キャップの緩みまたは容器に傷があったのが16件、汚れが付着していたのが11件、などがあったため接種を一時停止しました。製造工程中に何らか不備があったのか、原因調査を行った結果、製造工程などに問題があっただけで、ワクチンの成分そのものには問題はないことがわかり、4月5日から接種を再開することが決まりました。


また、香港政府は政府指定のホテルでの強制隔離について、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポールから香港への入境については21日だったのが14日に短縮され、それに7日間の自己健康管理期間をもうけることになりました。ただし、19日目にPCR検査を行います。


日本人ですが、ワクチン接種を受けた人は上述と同じ14日プラス7日間の自己健康管理期間になり、ワクチン接種を受けていない人はこれまでと変わらず21日間の強制隔離となります。ブラジル、イギリスなどハイリスク地域と呼ばれる国・地域に指定されたところは、従来の21日間の強制隔離となっています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > ビオンテック社のワクチン接種一時停止と再開。接種者は隔離期間短縮へ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について