トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 「アジアのベストレストラン50」、香港の「大班楼」がトップに

香港香港/香港特派員ブログ

「アジアのベストレストラン50」、香港の「大班楼」がトップに

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年4月 4日

9回目を迎えた「アジアのベストレストラン50」2021年版が3月25日に発表され、香港の上環(Sheung Wan)にある「大班楼(The Chairman)」が1位に輝きました。(写真提供:A Finn Partners Company)

香港大班樓榮登2021年度「亞洲50最佳餐廳」第一位寶座.jpg

「大班楼(The Chairman)」の料理人の葉一南(Danny Yip)


いまやレストランのガイドブックである『ミシュラン』と並ぶレストランのひとつの指標となったこのランキング。318人の各地域のライター、料理評論家、シェフ、レストラン経営者、美食家などが評価。ただ、今年は新型コロナウイルスの感染拡大で世界の国・地域が事実上の鎖国になったので、今回の投票では、現地での食事に重点を置いた投票を行ったとしています。


そんななかでトップに立ったのは、広東料理の店である「大班楼」です。場所は急な上り坂があったして、決してアクセスがいいわけではないのですが、本格的な広東料理店として、以前から香港人の間では有名で予約必須のレストランとして知られていました。


実は50位の中に香港のレストランは合計11店舗もランクインしています。大班楼以外にも、中華とフレンチを融合させた「VEA」が16位に、続く17位にはカジュアルなフランス料理店の「Neighborhood」、25位にはコンテンポラリーのフレンチである「Belon」、28位には3つ星を獲得したフレンチレストランの「Caprice」、37位には中環(Central)にある5つ星ホテルの"The Landmark Mandarin Oriental Hong Kong"にあるフランス料理「Amber」、38位に日本食とフレンチを融合させた「旅(Ta Vie)」、44位にコロナ禍の2020年に開店したというコンテンポラリーフレンチ「Mono」とフランス料理に関係する店が7店舗も入りました。


フランチ以外では、Capriceと同じ3つ星を獲得したイタリア料理「8 1/2 Otto e Mezzo Bombana」が33位に、47 位にも3つ星の広東料理店「龍景軒(Lung King Heen)」、48位には香港を代表する広東料理店、福臨門の親族がオープンさせた「家全七福(Seventh Son)」が入りました。

maindining6-1.jpg

8 1/2 Otto e Mezzo Bombana


新型コロナで渡航がいつ解禁になるかまだ不透明ですが、これらの店は解禁後の"行きたいリスト"に登録してみてはいかがでしょうか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 「アジアのベストレストラン50」、香港の「大班楼」がトップに

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について