トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 塗り絵で香港を感じる!

香港香港/香港特派員ブログ

塗り絵で香港を感じる!

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2021年1月15日

香港政府観光局(HKTB)は現在、日本にいながら色彩豊かな香港を塗り絵で楽しむ「ペイント香港Now」キャンペーンを行っています。(写真提供:HKTB)


新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で香港観光ができない代わりに、HKTBの特設ウェブサイトから投稿用の塗り絵の紙をダウンロード。好きにペイントして、それをカメラで撮影したりスキャンしたりしたものを投稿用ハッシュタグとメンションをつけてSNS(ツイッター、インスタグラム、フェイスブック)に投稿することで、キャンペーン参加します。


hellohongkong_0001.png

hellohongkong_0010-1.jpg

塗り絵のイメージ(上)と実際の色がない原紙のサンプル


選ばれた優秀作品(10名)にはのH TOKYO特製香港柄のハンカチ(3枚1セット)がプレゼントされます。香港のグッズマニアにはたまらないレア商品と言えるでしょう。塗り絵の種類も、トラム、中華料理、SOHOにあるストリートアート、ジャンク船、飛行機、香港を表す雑貨、食、薬などを香港らしい題材が15種類用意されています。


香港政府は2020年3月25日から観光客、ビジネスでの出張者は香港に入ることが事実上禁止という「完全鎖国」状態に入りました。また、香港居民でも2021年3月31日までは外国から戻ってきたとき強制隔離を受けなければいけない状況です。逆を言えば、次、読者の方が香港に行ったときは最低でも1年ぶりの香港になっているので「こんなところにドン・キホーテができている! こんなところにこんなホテルが建ってる! こんなレストランができた!」など、香港らしいスピード感あふれる変化を感じられると思いますので、自由に渡航が解禁される日が来るまで、塗り絵を通じて思いを馳せてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 塗り絵で香港を感じる!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について