トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 地域限定ロックダウンを3度、実施

香港香港/香港特派員ブログ

地域限定ロックダウンを3度、実施

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2021年1月28日

香港では2021年1月23日午前4時から25日午前3時30分に佐敦(Jordan)地区で、26日19時から27日午前6時まで、28日19時から北角(North Point)で、29日午前7時終了を目標に地域限定のロックダウンが行われています。(写真提供:香港政府新聞処)

P2021012300361_photo_1186367.jpg

香港政府はコロナウイルスの感染拡大が始まってから検査体制の拡充に努めてきました。その結果、香港市民はいつでも検査を受けることが可能になっています。その検査体制を活かして、特定の場所と期間限定でロックダウンを行い、目標とする時間内にそのエリアについて住んでいる人に対して強制的に検査をするものです。

P2021012300361_photo_1186366.jpg

政府は、1軒1軒、住人の家に足を運び、検査を受けなければならない旨を伝えます。さらに、テントを作って臨時検査場を作り、そこで鼻と口から検体を取ります。そして、腕輪が装着されます。基本的にロックダウン中はエリアから出ることはできませんので、麺やパン、フルーツ、缶詰などの食料やマスクといった衛生商品などの必要物資が政府から支給されるシステムになっています。こうすることで、ある種の隠れ陽性者を発見して感染拡大を防ごうという方策です。ちなみに佐敦では13名、油麻地では1名の陽性者が実際にいました......もちろん即入院です。


「ロックダウン」というと欧米であるように、感染拡大が止まらないから、これ以上の感染拡大を防ぐために実行するもの......というのではなくて、クラスターのさらなる発生の芽を取り除くという視点がから行われています。「クラスターを発生させてしまった」という意味だとネガティブですが、「それ以上拡大させない」方策という意味ではポジティブです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 地域限定ロックダウンを3度、実施

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について