トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 新型コロナウイルス追跡アプリ「安心出行(LeaveHomeSafe)」

香港香港/香港特派員ブログ

新型コロナウイルス追跡アプリ「安心出行(LeaveHomeSafe)」

カテゴリー:美容・健康・病院 / 通信・携帯・インターネット 投稿日:2020年12月 5日

香港政府は新型コロナウイルス追跡アプリの「安心出行(LeaveHomeSafe)」を配布しています。自分が過去にどこに行ったのかという過去の行動履歴を保存しておくアプリです。日本政府が開発したCOCOAに似たようなアプリです。


アプリは、もし自分が訪れた場所に感染者がいた場合は、濃厚接触の可能性があるので、濃厚接触した可能性が高いですよと知らせる通知を受けたり、「病院に行ったり、感染しているかどうか検査を受けたりしてはいかがでしょうか?」と検査をすすめるメッセージも送られてきます。もし自分が感染していたことが判明した場合は、香港政府からワンタイムパスワードが送られてきて、OKしますと政府に自分の行動履歴が送られて、そこから政府はさらに濃厚接触者を探していくということを行います。


アプリをダウンロードしたあと、店先にQRコードが掲げられているのでアプリを立ち上げてスキャンするだけです。その店を離れるときは店を離れるボタンがあるのでそれを押すだけです。


こういったアプリは政府に行動履歴が把握されるのではないかという懸念がありますが、香港政府では、利用するために住所などの登録作業をする必要はなく、スマートフォンによる位置情報やスマホ内に蓄積されているそのほかの個人情報は利用しないとしています。記録は暗号化し、ユーザーの個人用携帯電話内に保存されるだけで、政府やそのほかのシステムには保存せず行動履歴は31日後には自動的に削除される仕組みになっているそうです。

香港では第4波が到来して、政府は飲食店などにQRコードの掲示が義務化を命じ使う機会は増えたと思います。あとはアプリを入れるかどうかは個人の判断だと思いますが、このような対策を香港は行っています。

P2020111100353_photo_1183843.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 新型コロナウイルス追跡アプリ「安心出行(LeaveHomeSafe)」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について