トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港の学生と並行輸入を描いた『THE CROSSING~香港と大陸をまたぐ少女~』が11月20日より公開

香港香港/香港特派員ブログ

香港の学生と並行輸入を描いた『THE CROSSING~香港と大陸をまたぐ少女~』が11月20日より公開

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー 投稿日:2020年10月22日

香港への渡航規制がかかっているということで、ここのところ「日本で体験する香港」を書いていますが、今回は映画です。『THE CROSSING~香港と大陸をまたぐ少女~』(監督:白雪。2018年、中国)が2020年11月20日よりTOHOシネマズシャンテほか全国で順次公開されることが決まりました。(写真提供:チームジョイ株式会社。(C)Wanda Media Co., Ltd)15.jpg

この映画は「越境通学」と「スマートフォンの密輸」という香港らしい問題を通して香港が抱える問題を描いた作品です。香港出身の父と中国大陸出身の母を持つ 16 歳の高校生ペイは、毎日深圳から香港の高校に通っていました。親友のジョーとふたりで北海道旅行をすることが夢で、スマートフォンのケースを売ったりして小さな小遣い稼ぎをしていました。あることからスマートフォンの密輸グループが関わる事件に巻き込まれますが、高額のお金を得ることができるため、密輸と関わりのあるジョーの彼氏にお願いしてスマホの密輸グループに加入します。スマホの密輸を行う一方で、ペイとジョーの彼氏との関係が近くなりジョーとの関係がこじれていきます......。

2.jpeg

6.jpg

香港の男性が中国本土の女性と愛人を作ったり、子供ができるというのはよくある話です。子供が香港で生まれれば香港のIDカードをもらえるため、深圳から毎日、ボーダーを越えて香港の学校に通う光景は香港の日常のひとつです。これを越境通学といいますが、なぜこれをするかと言いますと、中国の教育より香港の教育の方がいいと考えているからです。

スマホですが、香港はフリーポートなので密輸が起こりやすい場所でもあり、密輸がなくても税金がかからないので並行輸入が簡単です。香港での中国人による爆買いを起点として、並行輸入が2010年頃には始まり2015年頃には社会問題になっていました。当時は深圳に近い香港北部の町、上水(Sheung Shui)地区は並行輸入の"本場"で缶の粉ミルクを運ぶと1缶数十ドルを稼げるというものでした。スマホはその極端な例と言えます。もうひとつの映画のキーでもある友情ですが、ペイは悲しいかな下層レベルの人たちで、逆にジョーは香港のお金持ちという格差。香港を象徴する事象でもあります。2019年は約230万人もの香港市民が日本を訪れていますが、北海道は人気の観光スポット。そういう細かなところもしっかりと表現されています。


7.jpg

映画はこういったことを丹念に映画いて、興味深いものに仕上がっています。例えば、並行輸入問題は筆者も何度も取材しましたが、香港ではニュースになりますが日本で取り上げられることはほぼありません。しかし、香港人にとっては身近な問題です。この作品を見ると、香港社会をより深く理解できると思います。

3.THE CROSSING ポスター①.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港の学生と並行輸入を描いた『THE CROSSING~香港と大陸をまたぐ少女~』が11月20日より公開

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について