トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 本場のシンガポールやマレーシアの味が楽しめる

香港香港/香港特派員ブログ

本場のシンガポールやマレーシアの味が楽しめる

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年8月17日

2020年7月に入って香港は感染者が再び拡大傾向を示していましたが、厳しい感染対策を再び行った効果が出て、8月になってからは感染者数が緩やかになってきました。日本政府とシンガポール政府は出入国制限の緩和を9月から緩和するというニュースがありました。香港においてはまだそういった具体的な話は出ていませんが、最近、上環(Sheung Wan)に本場のシンガポールとマレーシアの料理が食べられる店「Lee Laksa」ができました。価格もリーズナブルなので香港に行けるようになりましたら、足を運んで見てほしいレストランです。

DSC04181.JPG


店はガラス張りの壁なので明るい店内で、東南アジアの曲が流れ、色使いも明るくするなど活気にあふれるような東南アジアの店そのものです。同店のオーナーがシンガポールの出張に行ったときに訪れたレストランの味に感銘を受けて、そこで働いていたシェフを口説いて香港に来てもらったということで、まさに本場の味がここで食べられます。


「李派海南鶏飯(Lee Style Hainanese Chicken w/ Rice)」(88ドル)はシンガポールを代表する料理のひとつです。大きな蝦の串焼きなのが「香辣大蝦串焼(Spicy Prawn Skewers)」(65ドル)です。ピリ辛でお酒が進む料理です。

DSC04040.JPG

李派海南鶏飯(Lee Style Hainanese Chicken w/ Rice)

DSC04101.JPG

香辣大蝦串焼(Spicy Prawn Skewers)


「馬来炒貴刁(Malaysia Char Kway Teow / Stir-Fried Flat Noodles)」(128ドル)は、うどんのような平たい麺とイエローヌードルの2種類の麺のなかにエビ、ソーセージ、イカ、きゅうり、玉ねぎなどが具在として入っています。「巴東牛肉配:米飯(Rendang Beef w/Rice)」(85ドル)はインドネシアの有名な料理であるルンダン(牛肉の塊を香辛料とココナツミルクなどで煮込む)にジャスミンライスがついたものです。

DSC04146.JPG

馬来炒貴刁(Malaysia Char Kway Teow / Stir-Fried Flat Noodles)

DSC04158.JPG

巴東牛肉配:米飯(Rendang Beef w/Rice)

■Lee Laksa
・住所: G/F., CNT Commercial Building, 302 Queen's Road Central, Shueng Wan, Hong Kong
・アクセス: MTR上環(Sheung Wan)駅A2出口から徒歩8分
・電話: 2265 8999
・営業時間: 11:30~22:30


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 本場のシンガポールやマレーシアの味が楽しめる

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について