トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > レストランの営業は21時まで緩和されました

香港香港/香港特派員ブログ

レストランの営業は21時まで緩和されました

カテゴリー:美容・健康・病院 投稿日:2020年8月29日

香港政府は2020年7月から第3波が襲来したことを受けて厳しい措置を取ってきました。そのなかで7月13日には、18時から翌朝4時59分までレストラン内での飲食禁止という方策を7月15日から21日まで行うというのを開始しました。それ以来、毎週月曜日に記者会見を行い、水曜日から翌週の火曜日までの1週間ずつ方策を延長していくのを繰り返して来ました。(写真提供・香港政府新聞処)

P2020072700561_photo_1178754.jpg

8月25日月曜日にも新しい方策を発表しなければなりませんが、このところ新規感染者が2桁に収まっていて、厳しい措置の効果が出ていることもありこれまでの政策を26日、27日の2日間延長し、拡大傾向がなければ28日から営業時間を21時まで緩和することになりました。つまり、21時から翌朝4時59分まではレストラン内での飲食禁止ということになります。テイクアウトはOK、テーブルの距離は1.5m離すこと、検温、消毒、食事以外のときのマスク着用、テーブル1卓あたりは2名、収容できる客数は総座席数の60%から50%という方針は変わっていません。


一時閉鎖となっていた映画館と美容院、一部の体育施設については営業再開を認めることになりました。映画館については、総座席数の50%を超えるチケットは販売は不可で、隣同士のシートで一緒に見られるのは最大2名まで。映画館内での飲食は禁止、上映後は消毒作業を行うというものです。


美容院についてですが、職員はマスクとフェイスマスクを着用、客対応が終わるたびに消毒作業を行う、予約した人のみにサービスを提供する。仕切られたサービスエリアには最大で2名までしか入れないことなっています。


スポーツですが、運動競技場のレーストラック、テニスコートとその練習場、ゴルフ場とその練習場、草地のペタンクのコート、射撃場、自転車公園、馬術学校、飛行機のラジコン場も再開となりました。一方、ゲームセンター、サウナ、フィットネスセンター、エステ、バー、パブ、ナイトクラブ、カラオケ、マージャン、スイミングプールは依然として一時閉鎖のままです。


公共の屋外および室内空間、公共交通機関乗車時などはマスクは着用しなければなりませんが、屋外では運動時とカントリーパークではマスクを着用しなくともよいということになりました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > レストランの営業は21時まで緩和されました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について