トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港政府、矢継ぎ早のコロナウイルス対策を実施

香港香港/香港特派員ブログ

香港政府、矢継ぎ早のコロナウイルス対策を実施

カテゴリー:治安・渡航安全情報 投稿日:2020年7月26日

香港は2020年7月に入ってから感染拡大が止まらないためどんどん対策を打ってきていますが、さらに厳しい措置を発表しました。


外国から戻ってきた香港居民は14日間の強制検疫を受けなければならないのですが、9月18日までだったが2020年12月31日まで延長されることになりました。また、台湾、マカオ、中国からの入境する場合も14日間の強制隔離をしないといけません。こちらも8月7日から9月7日まで延長されることになりました。


マスクですが、公共交通機関(地下鉄、タクシー、バス、トラム、軽鉄道など)に乗車する場合、マスクの着用が義務づけられていましたが、7月28日から8月5日まで延長されることが決まりました。また、公共の屋内施設(ショッピングモール、スーパーマーケットなど)、バスターミナルやバス停などでマスクを着けなければならなくなりました。8月5日まで適用されます。

DSC_8418.JPG

検査を行う亜洲國際博覧館


感染者増加で隔離施設の拡充が重要になってきています。これまでは、遅くに香港国際空港到着した場合、諸手続き終了後、亜洲國際博覧館(Asia World-Expo)で検査が行われるのですが、結果が深夜にずれ込むケースが出てきたので、香港政府は啓徳(Kai Tak)という場所にある富豪東方酒店(Regal Oriental Hotel)を政府が借り上げて、そこで1泊してもらいました。感染者が増えてこともあり、荃湾(Tsuen Wan)にある絲麗酒店(Silka Tsuen Wan)と觀塘(Kwun Tong)にある帝盛酒店(Dorsett Kwun Tong)も借り上げて、計3つのホテルを利用する体制にします。また、亜洲國際博覧館を一部改装して隔離施設とするようです。


香港ディズニーランド近くの竹篙湾(Penny's Bay)に建設中の専用隔離施設が完成して7月19日から800戸が供用を開始して、9月末には700戸が追加で稼働する予定になっています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港政府、矢継ぎ早のコロナウイルス対策を実施

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について