トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港国際空港、消毒と抗菌作業をしています

香港香港/香港特派員ブログ

香港国際空港、消毒と抗菌作業をしています

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 治安・渡航安全情報 投稿日:2020年5月18日

新型コロナウイルスを海外から持ち込ませないために、世界中のほとんどの国・地域の税関で外国人の入国・入境を禁止しているところがほとんどです。それでも空港の利用者はわずかではありますが、自国民といった帰国者を中心に利用する人がいるので稼働はしています(写真提供:機場管理局(AA))。


そんななか、香港国際空港では香港に戻って来る人および将来再び外国人が利用することを見越して新しい感染対策を行っています。ひとつ目は世界初となる消毒ゲート「CLeanTech」というボックス状の消毒機械で、現在は検疫や衛生の担当者が使用しています。これは、入口で顔認証のように機械に顔を向け検温を行います。体温がOKであれば扉が開き、ボックス内に入ります。ボックス内で光が照らされて光触媒を使って殺菌をしつつ、ミスト状の消毒液が吹きつけられるなど40秒間にわたって消毒・殺菌を行うというものです。

pr_1446_CLeanTech_1.jpg

ふたつ目は「インテリジェント殺菌ロボット(ISR)」という無人ロボットの導入です。すでに香港の病院で使われていたそうですが空港でも使われることになりました。自動でトイレなどに入り、紫外線を室内全体に当てて殺菌を行います。さらにISRに装着されているノズルから消毒液を霧状に360度噴き出してまんべんなく室内を殺菌します。

pr_1446_Intelligent Sterilization Robot.jpg

最後は、人による消毒と抗菌作業のさらなる徹底です。殺菌や抗菌効果のある液をミスト状にして、座席や手すり、トイレ、カート、エスカレーターといった多くの人が触れる場所を中心に行うだけではなく、空港内を移動するシャトルバスなどにも抗菌塗装を行います。

pr_1446_Seating area.jpg

空港は新型コロナウイルスの新規感染者などが落ち着いた国・地域から徐々に開放されていくと思います。一方で、このあとすぐに開放されるとは思えませんが、将来を見据えた取り組みは観光客に少しでも安心感を与える取り組みなので評価していいと思います。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港国際空港、消毒と抗菌作業をしています

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について