トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 新型肺炎の影響で閉鎖するお店も出てきました

香港香港/香港特派員ブログ

新型肺炎の影響で閉鎖するお店も出てきました

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 投稿日:2020年4月12日

新型コロナウイルスの影響が拡大しています。香港は日本と同じように外出禁止令は出ていませんが、香港市民もやはり外出は自粛してしまいます。その結果、閉店する店や一時休業する店がいろいろ出てきました。


ファッションブランドでは、海港城(Harbour City)にあるヴァレンティノ旗艦店が閉鎖しました。また、大手書店「大衆書局」は香港内にある全16店の閉鎖を決定しています。「CAMMAKE」の旺角(Mong Kok)店は4月12日に営業を終えることとなったほか、ホームセンターの「實惠(Pricerite)」は4店も閉店させました。ホテルでは 尖沙咀(Tsim Sha Tsui)にある「インターコンチネンタルホテル」は4月20日で営業停止、2022年に「リージェント」として生まれ変わることも決まっています。


レストランでは、蛇のスープで知られる銅鑼湾(Causeway Bay)の「蛇王二」は4月いっぱいで閉店となります。黄竹坑(Wong Chuk Hang)にある水上レストラン「珍寶王國(Jumbo Kingdom)」は3月3日以降、一時休業となっていますが、状況的に再開のめどは立っていません。有名茶餐庁の「翠華餐廳(Tsui Wah Restaurant)」は中環(Central)の支店を閉じ、イギリスの有名シェフ、ジェイミー・オリバーさんが運営していたイタリアン「Jamie Oliver」も閉店しています。また、1928年創業の中環にある西洋レストランの「Jimmy's Kitchen」も4月13日の閉鎖が決まりました。アラン・デュカスが経営している「Rech」も店を閉じましたし、店内にアートのコレクションが置かれていた上環(Sheung Wan)のフランス料理店「Bibo」も閉店しました。
DSCF3686.JPG

閉店した翠華餐廳


香港を含め世界的に新型肺炎は収まる気配を見せません。今後もさらにこういった状況が続くと予想されています。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 新型肺炎の影響で閉鎖するお店も出てきました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について