トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 水上レストランの「ジャンボ」こと「珍寶王國(Jumbo Kingdom)」が営業停止

香港香港/香港特派員ブログ

水上レストランの「ジャンボ」こと「珍寶王國(Jumbo Kingdom)」が営業停止

カテゴリー:お知らせ / レストラン・料理・食材 投稿日:2020年3月 6日

香港観光の象徴ともいえる水上レストランの「ジャンボ」こと珍寶王國(Jumbo Kingdom)が2020年3月4日から営業停止となりました。


ジャンボは香港島南部の黄竹坑(Wong Chuk Hang)にあり。レストランまでサンパンで向かうことでも有名でした。夜になると香港らしく電飾に飾られたキラキラとまぶしい外観で知られ日本人のみならず外国人にも多く知られ、香港映画にも登場してくるほどです。多くのガイドブックに紹介された「鉄板」ともいえるレストランであり観光スポットでもありました。

DSC_0109.JPG

1993年には1日に1万1528人の客が訪れ当時の世界記録をマークしたこともあります。そのあと、アジアの金融危機、アメリカの同時爆破テロ事件、重症急性呼吸器症候群(SARS)などたくさんの経営環境の悪化も乗り越えてきました。しかし2019年6月から本格的に始まった逃亡犯条例改正案で始まったデモの影響で売上が低下し、新型肺炎でさら経営環境が厳しくなったことが営業停止の要因です。


同レストランを運営しているのは、マカオで新濠天地(City of Dreams)や新濠影匯(Studio City)といった統合型リゾート(IR)運営する新濠國際發展(Melco International Development)というところです。まだ、閉店ということは確定していませんが、同社は追って通知するとしています。ただ、現時点では従業員全員を解雇しているので、復活への道のりは相当厳しいと思われます。もしジャンボに行こうと考えている方、お気をつけください。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 水上レストランの「ジャンボ」こと「珍寶王國(Jumbo Kingdom)」が営業停止

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について