トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 新型肺炎について4:香港は感染経路不明の事案なし

香港香港/香港特派員ブログ

新型肺炎について4:香港は感染経路不明の事案なし

カテゴリー:治安・渡航安全情報 / 美容・健康・病院 投稿日:2020年2月18日

中国湖北省武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎。2020年2月15日現在、香港の感染者は56名、死亡者は1名。日本は2月14日現在で30名(クルーズ船除く)、死亡者1名です。


香港政府は2020年2月8日から中国本土から香港に入境する香港市民を含む全員の入境者を14日間、強制隔離して検疫を開始したことで香港から中国本土の観光客がほとんどいなくなりました。公務員の在宅勤務も2020年2月23日まで、学校の休校は3月6日まで延期されることになりました。

P2020021400858_photo_1171383.jpg

ダイヤモンドプリンセス号に乗船している香港人を調査しにいく香港政府の関係者(写真提供:香港政府新聞処)


イベントでは、国際映画祭の「第44屆香港國際電影節(HKIFF)」が2020年夏まで延期、現代美術展の「アートバーゼル」が2020年は中止となり、2021年3月25~27日に開催することが発表されました。7人制ラグビーの国際大会「香港セブンズ」2020年4月3日~5日から10月16日~18日に延期されます。


マスクは香港でも不足気味で大手ドラッグストアでは売り切れです。ただし、個人経営のドラッグストアですがこちらは高値で販売されています。筆者が確認したところでは50枚で6000円位でした。


日本では、加藤厚労大臣が、国内での流行を事実上認めました。理由として感染経路の分からない例が日本国内にあるということですが、これは筆者のSARSの経験からすると非常に気になるニュースです。香港は日本政府から渡航レベルは不要不急の渡航は止めてほしいというレベル2に指定されていますが、香港は現時点(2020年2月)では日本とは違い感染経路が不明なものはないということだけは、事実としてお知らせしておきます。いずれにしろ、今後も日本、香港の状況を注意深く見る必要があることだけは間違いなさそうです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 新型肺炎について4:香港は感染経路不明の事案なし

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について