トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > (特に)地下鉄終了後の移動手段 アプリ / ウェブサイト

香港香港/香港特派員ブログ

(特に)地下鉄終了後の移動手段 アプリ / ウェブサイト

カテゴリー:交通・鉄道・航空 投稿日:2019年10月22日

香港は2019年6月からデモが続いていることで、地下鉄の最終電車が22時など通常よりはやく閉鎖されるケースが出てきました。もし通常運行していたとしても、ついつい飲み過ぎて終電を逃した場合、交通機関をどうすればいいのか...というのがあります。今回紹介するのは、タクシー以外の公共交通機関を利用して帰路を示してくれるアプリ / ウェブサイトの「Citymapper」です。香港は24時間バスが運行されているからこそ実現できたアプリと言えるでしょう。

001.jpg

まずは「https://citymapper.com」に行き、いくつか表示される都市の中から香港を選んでください。そして、「Start(出発地)」と「End(目的地)」を英語または漢字でいれて「GO」をクリックします。すると「おすすめ」が表示されます。さらに下にいくと「Disrupted」=不通が表示されます。これは利用できない交通機関のことです。さらに下にいくと「バスのみ」が表示され、さらに「With Tram」というのがあります。これはバスと路面電車の併用で移動すると言う意味です。「With 紅Van」とは赤いミニバス単独か、バスと赤いミニバスの併用で移動するものです。


気になる路線をクリックすると、乗車するバス停で何番のバスにのり、下車するバス停も表示されるので、その場所がきたらバスを降りればいいだけです。これは、デモがあろうがなかろうが、終電を乗り過ごそうが、乗り過ごさなそうが、非常に使い勝手がいいので、ぜひ利用してください。つまり、香港では通常使いできるアプリ / ウェブサイトです。アプリはiOS、Androidどちらも用意されています。

002.jpg

出発地と目的地を入れるとおすすめが表示されます

003.jpg

スクロールしていくと「Disrupted」、「バスのみ」、「With Tram」が表示されます

004.jpg

さらに「With 紅Van」も出てきます

005.jpg

おすすめの中になった「101」をクリックすると、路線の詳細が表示されました


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > (特に)地下鉄終了後の移動手段 アプリ / ウェブサイト

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について