トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港国際空港には何時間前に到着すべきか?

香港香港/香港特派員ブログ

香港国際空港には何時間前に到着すべきか?

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 治安・渡航安全情報 投稿日:2019年9月11日

6月中旬から香港でデモが発生しまして、香港国際空港が、その現場になる事がありました。特に出発便が多く欠航したのが8月13日だったのですが、翌日の8月14日以降、香港国際空港に入るには、出発24時間以内で、出発のための航空券かそのEチケット、身分証明書(パスポートなど)を入口で見せることになりました。空港や航空会社も念のため3時間前の到着を推奨しています。現状はどんな感じなのか写真でリポートします。
002.JPG

空港の入口のようす


入口には列に並ぶようにロープが敷かれていますが、午後13時ごろは長蛇の列はありませんでした。入口に立っている担当者にチケットとパスポートを見せ確認を終えると1分もかからずに空港に入ることができました。チェックインカウンターも通常通りということで、長蛇の列もそれほどなくすんなりとチェックインしました。その後の税関検査、搭乗も普通に行う事ができました。

001.JPG

チェックインカウンター周辺のようす

006.JPG

搭乗ゲートへの通路


アジアのハブ空港である香港らしく、乗客に対してどのようなサービスをすればスムーズに行くのかというノウハウがあるように感じました。空港への立ち入り制限という意味では2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の経験もあるので、空港での混乱さえなければ、大丈夫という印象です。

007.JPG

キャンセルはほとんどありませんでした


ただ、デモはいつ収束するのかはこの記事の掲載時点ではわかりませんので、3時間前または時間に余裕をもって空港に訪れた方が良いのは間違いないと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港国際空港には何時間前に到着すべきか?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について