トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港市民向けですが観光客も訪れることができるイベント

香港香港/香港特派員ブログ

香港市民向けですが観光客も訪れることができるイベント

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / スポーツ・観戦 / レストラン・料理・食材 投稿日:2019年8月23日

香港は7月から8月は学校が夏休みということもあり、友達同士、大人と子どもが一緒に参加できるイベントがたくさん開かれています。まずは7月半ばに開催される「Book Fair」です。開催期間中に100万にが訪れるというお化けイベントで、その集客力を見込んで、最近は観光系の会社がブースを出すほどです。なぜこんなに人気かと言いますと、やっぱり本が定価より安く売られているからです。日本人でも中国語を習いたい人であればテキストブックを安く買えますし、下の写真のように中国語で日本のことが書かれた本もあります。中国語や英語のがわからなくても、アート系の本とかも充実していますので、言葉の壁はあまり心配する必要はないでしょう。

002.JPG

ブックフェアが終わった後のイベントが「e-Sports and Music Festival Hong Kong」と「AGCHK」というイベントが同時開催されます。前者は日本でもeスポーツが人気を集めまじめましたが、香港は大きな大会が開かれますし、ヴァーチャルリアリティーのを含めいろいろなゲームを楽しむこともできます。後者は日本が誇るサブカルチャー、アニメと漫画のエキスポです。海外で日本のサブカルチャーのすごさを実感できると思います。

003.JPG

004.JPG

「Food Expo」は8月中旬に行われる食の祭典。世界中の料理がその場で売られて食べられるほか、食材も売られているので家に帰ってから食べようとする人でいっぱいです。「出前一丁」と「カップヌードル」が深く浸透している香港では日清食品は大きなブース構えていて、限定グッズなどがもらえたりしています。世界の味が堪能でき、食材の一部はお土産として使えると思います。また、このイベントはシリアスな食品のビジネスの商談会などもあって日本の専用ブースもあります。日本食に興味のある世界中のバイヤーがここで買いつけを行っています。このように「Food Expo」はB to CとB to Bの両方がある大きなイベントで小生も毎年取材していますが、2019年は吉川貴盛農林水産大臣(下の写真1列目の左から4番目)が香港の会場に来て視察していました。

005.JPG

006.JPG


これらすべての会場は湾仔(Wan Chai)にある会議展覧中心(HKCEC)というところ。香港のど真ん中にあります。いずれも20ドル~50ドルの入場料できます。今はデモの件がありますが、来年は落ち着いていると思われるので、2020年以降、夏場の香港に訪れることがあれば、こういったイベントがあると選択肢が広がるかと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港市民向けですが観光客も訪れることができるイベント

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について