トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 行列ができる飲茶の店「添好運」の2号店が新宿にオープン

香港香港/香港特派員ブログ

行列ができる飲茶の店「添好運」の2号店が新宿にオープン

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2019年5月24日

2018年4月に日比谷にオープンして以来、平均1、2時間は並ぶと言われる「行列ができる店」である飲茶の店「添好運(Tim Ho Wan)」。その2店目が2019年5月24日にオープンしました。

001.JPG

同店の深水埗(Sham Shui Po)にある店が2010年にガイドブック『ミシュラン香港・マカオ版』で1つ星を獲得したことでも知られている点心の店です。ちなみにこの新宿の店は世界を含めて50店舗目という節目の店でもあります。

002.JPG

麦桂培さん(左)と梁輝強さん


座席数は1階が18席、2階66席の計84席。日比谷店は座席の予約ができませんでしたが、1階は4席、6席、8席の個室が3部屋があるのですが、この個室は予約できることになりました。それぞれ4000円、6000円、8000円の部屋代がかかるのですが、友人や家族などで並ばずに行きたいのなら、利用してみるのも良いと思います。2階席は多くがガラス張りになっていて、非常明るい店内になっています。また、階段のところにある壁紙は添好運がある香港の街なみを撮影したものになっています。

003.JPG

点心はこの店の代表的なメニューの「ベイクド チャーシューバオ」(3個580円)のほか、「ポークと海老の焼売」(4個580円)、「陳皮入り牛肉団子」(3個680円)といった定番の料理があります。また、「茄子の海老団子揚げ」(3個580円)、「ポークのワンタン 香辣黒酢」(4個580円)など色々あります。

004.JPG

ポークと海老の焼売


005.JPG

茄子の海老団子揚げ


006.JPG

ポークのワンタン 香辣黒酢


今回の開店に合わせて、創業者で3つ星を獲得したことのあるフォーシズンホテル香港の広東料理店『龍景軒』の点心のチーフだった麦桂培さんとパートナーである梁輝強さんが来日しました。メディア向けの試食会の間も味の調整をするミーティングをしていたことが印象的。妥協のない味を追求する姿勢が垣間みることができました。

007.JPG

日本で味わう香港...という意味では、ここは間違いない場所です。


★添好運( 新宿サザンテラス店)
所在地:東京都渋谷区代々木2丁目2-2
電話:03-6304-2861
営業時間: 11:00~23:00(ラストオーダー22時)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 行列ができる飲茶の店「添好運」の2号店が新宿にオープン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について