トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > トヨタの新型タクシー、コンフォートが香港にも登場

香港香港/香港特派員ブログ

トヨタの新型タクシー、コンフォートが香港にも登場

カテゴリー:交通・鉄道・航空 投稿日:2019年4月 8日

香港のタクシー市場においてトヨタのコンフォートはシェア9割以上を占めていると言われています。それだけ香港市民に浸透しているわけですが、その後継車はトールワゴン型で「JPN TAXI」という名前で販売を開始され日本では見かけるようになりました。そして、香港でも「豊田金豊混合動力的士(Comfort Hybrid Taxi)」として導入されることが決まりした。(写真提供:トヨタ自動車)

001.jpg

New Hybrid Taxi.jpg

従来型(上)と新型


香港は1日93万人がタクシーを利用します。香港の人口は約740万人ですから、いかに多くの香港市民が利用しているのがわかるかと思います。実は、香港のタクシー市場においてセダン以外のタクシーは日産の「NV200バネット」を改良した「NV200」が2015年から登場し、フォードも「全順(Transit Connect)」をすでに投入していました。そういう意味でトヨタは少し遅れてしまいましたが、逆に言えば、満を持して登場ということになります。香港仕様のスペックを見ますと、全長4400 x 全幅1695 x 全高1880ミリの4人乗りです。エンジンは1497cc直列4気筒、LPGと電気モーターによるハイブリッドで、燃費は1リットルあたり19.4キロ、パワーは最大で74+61馬力です。二酸化炭素の放出も低く抑えられています。

TNT_572_m.jpg

広々とした後部座席


フロアの高さを低くし、ドア周辺に乗降用のハンドルをつけることで、乗降を楽にしている設計を施しています。また、自動ドア(香港では自分でドアを開け閉めするのが基本なので画期的)や車いすの乗降も容易にするためのスロープも標準装備。USBポートを設置して携帯電話の電池のチャージが出来たり、窓を大きくとったり、後部座席専用の空調の吹き出し口がありますが風の強さを乗客が設定することができるなど、気持ちよく乗車してもらうため工夫が施されています。


また、ハンドルにハザードランプのスイッチが備えつけられたり、メーター類はスピード、燃費などの情報がすぐわかるように視認性を高めたりするなどドライバーにも運転しやすいようになっています。

cropped screen shot.jpg


上はトヨタの香港のウェブサイトのスクリーンショットです。新しい車両が間もなく登場と宣伝していますが、ウェブサイトにタクシーを強調して載せていること自体、香港市民にいかに浸透しているかがわかるかと思います。ちなみに香港は走るエリアによって赤、緑、水色と車体の色が分かれていますが、観光客の方は基本的に赤色のタクシーに乗り機会が多いと思いますが、香港で日本車のタクシーに乗れるという安心感は大きいですね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > トヨタの新型タクシー、コンフォートが香港にも登場

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について