トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港で大人気の1人舞台『月球下的人(Laugh me to the moon)』が4月に再演

香港香港/香港特派員ブログ

香港で大人気の1人舞台『月球下的人(Laugh me to the moon)』が4月に再演

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー 投稿日:2019年4月 1日

日本でも話題になった映画『29+1』(邦題『29歳問題』)。同作を監督し、香港のアカデミー賞といわれる「香港電影金像奨」で新人監督賞を受賞した彭秀慧(Kearen Pang)。彭秀慧は、元々は舞台女優でこの作品を1人芝居で100回以上公演してきたものを映画化したものでした。その彼女が4月5~7日、9~14日に葵青劇院演芸庁(Kwai Tsing Theatre Auditorium)で『月球下的人(Laugh me to the moon)』という舞台を行います。『29+1』同様に彼女による1人舞台で、主演のみならず、監督や演出も担当しています。(写真提供:Kearen Pang Production)

IMG_4053-ed-5R.jpg

あらすじは、幼い頃、テレビの世界は本当に実在すると信じていましたが、成長していくと、人間と月の本当の距離と肉眼での距離は違う-など現実的になっていきます。多くの挫折も経験しますが、時間は止まってくれないので生活は続いていきます。そして、ある日、彼女はテレビ局のテレビ番組に参加することになり、月について語り始め...。

IMG_3360B-ed-5R.jpg

IMG_3568B-ed-5R.jpg

この公演も好評を博していて、3回目の舞台となります。コメディの舞台ですが、一度、映画監督を経験してから、舞台女優として1回り大きくなった彭秀慧の舞台に大きな期待が寄せられています。

IMG_3896-ed-5R.jpg

チケットは、www.urbtix.hk か窓口で購入してください。価格は480、380、320ドルです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港で大人気の1人舞台『月球下的人(Laugh me to the moon)』が4月に再演

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について