トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > キャセイパシフィックが香港市民に愛されている料理を機内食に

香港香港/香港特派員ブログ

キャセイパシフィックが香港市民に愛されている料理を機内食に

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 交通・鉄道・航空 投稿日:2019年3月 3日

香港のフラッグシップキャリアのキャセイパシフィック航空ですが、このほど「香港フレーバー」と題した機内食を長距離路線に導入しました。そうです、香港人が普段愛している味を機内食で楽しむ事ができます。(写真提供:キャセイパシフィック航空)

IFE_JCL_C376Y18_E0.jpg

ファーストクラスでは「花椎茸、菜心、豆腐を添えたアワビの蒸し煮」というファーストクラスにふさわしい料理が用意されました。ビジネスクラスでは「米粉麺のローストダック添え」、「ココナッツと小豆のプリン」、「タピオカ入り香港ミルクティープリン」、「クコの実入りキンモクセイゼリー」です。米粉は香港人が良く食べる麺でそこにローストした鴨肉がついてくる贅沢な料理です。香港のミルクティーは「港式奶茶」と漢字で書くのですが普通のミルクティーよりまろやかな味が特徴です。そう言う意味でも香港らしい味に仕上がっています。


プレミアム・エコノミーでは「トマトソースのユンヨンチャーハン」と「蒸しオヒョウの大澳産からし菜とジャスミンライス添え」の2品です。ユンヨンチャーハンと書いていますが漢字では「茄汁海鮮焗飯」と書きます。わかりやすく言えば、トマトソースがかかった海鮮ドリアのような料理をイメージしてもらった方がいいと思います。エコノミークラスは「鶏の煮込みと中華風ソーセージをのせたジャスミンライス」、「香港風シーフードカレーライス」です。特に中華風ソーセージとジャスミンライスはいかにも香港らしい料理です。これに合わせて香港の中国茶専門店の「福茗堂茶荘」と提携してャスミン、ウーロン、プーアールをはじめとした高級中国茶もエコノミークラスで飲めるようになります。

Braised brisket with flat rice noodles in special beef broth.jpg

また、同航空は成田空港線を2019年4月4日から5月2日までと7月4日から10月24日までの期間、木曜日運航のノンストップ便を週1 便増便することになり、さらに香港に行く選択肢が増えました。増便した便のスケジュールは成田発(CX517)が13:25-17:30、香港発(CX508)が7:00-12:15です。

CX-A330-300_Pic03.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > キャセイパシフィックが香港市民に愛されている料理を機内食に

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について