トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港の映画賞で3冠に輝いた『誰がための日々』が日本で公開中

香港香港/香港特派員ブログ

香港の映画賞で3冠に輝いた『誰がための日々』が日本で公開中

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー 投稿日:2019年3月11日

2017年、香港のアカデミー賞にあたる「香港電影金像奨(Hong Kong Movie Awards)」で8部門にノミネートされ、最優秀助演男優賞、最優秀助演女優賞、最優秀新人監督賞の3部門を制した『誰がたための日々』(一念無明 / Mad World)が3月15日まで東京のK's cinemaで公開中。この後、順次、全国で上映されることになっています。(写真提供:スノーフレイク)

誰がための日々1.jpg

エリートだったトン(余文楽 / ショーン・ユー)が母親の世話のため会社を辞め、介護していたが、事故が起こり母は死亡。トンはショックから鬱になってしまい精神病院に。1年後、症状が安定し退院するが、これまであまり家にいなかった父親のホイ(曾志偉 / エリック・ツァン)と共同生活が始まる...。


時代は香港がイギリスから中国に返還される1997年ごろです。香港の将来どのようになっていくのか誰もが確信を持てないという雰囲気がありました。病院のベッド数の問題、中国本土の人による居住権の話など、今でも香港が抱える問題などが映しだされているほか、子どもの勉強の話、広東語を話すインド人(香港生まれのインド系香港人はたくさんいます)など香港社会を巧みに描いています。もちろん、普段の街並みや景色なども出てくるので、香港を映画を通して感じることもできます。

誰がための日々2.jpg

この映画の音楽を担当したのが2011年から香港で音楽活動をしている波多野裕介という日本人。この作品と『七月與安生(Soul Mate)』の2作品で最優秀映画音楽スコア賞部門でノミネートされ、後者の方で受賞しています。筆者は彼にインタビューしたことがありまして、各映画のそれぞれのシーンを理解して、それに合わせた映画音楽を作る難しさなどを語ってもらったのですが、この映画でも彼がどんな音楽を作っているのかも感じながら観るとより面白いと思います。


今後は3月9日から大阪のシネ・ヌーヴォ、3月16日から京都シネマ、3月30日に川崎市アートセンターと宇都宮ヒカリ座で上映が開始されます。さらに、仙台、松本、名古屋、神戸、佐賀で公開が決まっています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港の映画賞で3冠に輝いた『誰がための日々』が日本で公開中

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について