トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 天ぷらと日本酒のコラボを香港で

香港香港/香港特派員ブログ

天ぷらと日本酒のコラボを香港で

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2019年2月26日

農林水産省が発表した「平成30年農林水産物・食品の輸出実績」によると日本の食品輸出額が最も大きいのは香港です。香港の人口は740万人ですからいかに日本の食品が人気なのかが分かると思います。それだけ日本の食品が輸出されていますから、日本のレストランもたくさんあり、本物の日本の味を楽しめます。そんな中で香港人の中でも評判が高いのは北海道の帯広で昭和9年に創業した天ぷらと豚丼の店「はげ天」です。このほど山口県の日本酒「獺祭」とのコラボしたイベントがあり、のぞいてきました。(インテリアの写真のみRubison Marketing Solutions提供)

DSC_8583.JPG

はげ天の矢野整社長が香港を訪れ獺祭に合わせた料理を提供しました。「鯛の薄造りと北海刺身盛り」に「獺祭 純米大吟醸48」、「十勝産やまべ」と「獺祭 磨き二割三分」、「蟹の甲羅揚げ」と「獺祭 純米大吟醸50」、「雲丹の土鍋ごはん」と「獺祭 遠心分離」などです。試食・試飲した香港人は興味津々で食べていたのが印象的でした。

DSC_8584.JPG

十勝産やまべ

DSC_8599.JPG

蟹の甲羅揚げ


普段は北海道の食材を食べられるということで、天ぷらのほかにも「イカの一夜干し」(78ドル)、「炙り鮭とば」(68ドル)、「豪快いくら丼」(198ドル)、「十勝帯広名物豚丼」(145ドル)などいろいろ楽しめます。日本酒も「男山」(148~2250ドル)、「国士無双」(168~1380ドル)といった北海道の日本酒も味わえます。香港で中華料理ばかりを食べ過ぎて、もし日本食が恋しくなったらこういう店に行けば、クオリティーの高い料理が食べられますし、香港人に人気という店の雰囲気を垣間見る事も出来ると思います。

hageten interior 2.jpg

★はげ天(香港店)
所在地:Shop 2103-05, 2/F, Elements, 1 Austin Road West, Tsim Sha Tsui, Kowloon
電話:2196 8310
営業時間: 11:30~16:00、17:30~22:30

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 天ぷらと日本酒のコラボを香港で

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について