トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港で気軽に食べられるB級グルメ

香港香港/香港特派員ブログ

香港で気軽に食べられるB級グルメ

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 投稿日:2019年1月 4日

B級グルメを厳密に定義することは難しいですが、ただ気軽に食べられるという要素はあると思います。日本で言うなら、たい焼きやたこ焼きはカウンター越し注文してすぐ食べられます。香港では「小食」と呼ばれる店があちらこちらにあり、下記の写真にあるように、香港人は小腹がすいた時に立ち寄って食べます。

004-1.jpg

005.JPG

売られているのはさまざまですが、基本は油で揚げたものでナスやピーマンを肉詰めしたもの、イカ、ウインナー、軟骨などがあります。そのほかにも、大きな串に刺された豚、牛、鶏肉を焼いたもの、チキンウィング、魚のつみれ、シュウマイ、茹でたピータンなど多彩な物が食べられます。

001.JPG

色々な種類の揚げもの


そしてハイライトではないですが、これを食べられればある意味"本物"と言うのが中華圏で広く食べられている「臭豆腐」というものです。初めてにおいをかぐ人は吐き気をもよおすような強烈な臭いです。外国人が納豆の臭いをかいだ時の感覚がわかることでしょう。ただ、がんばってひと口食べると塩味の聞いた厚揚げという感じで、臭みはほとんど感じられません。普通に食べるとあまり味気がないので、納豆の醤油と同じように店の前に、甘い、辛いといったソースがおいてあるところが多いので、お好みでソースをつけて食べると良いと思います。

002.JPG

臭豆腐


あちらこちらと書きましたが、どこにあるかと言いますと、一番有名なのは、油麻地(Yau Ma Tei)と旺角の中間にある登打士街(Dundas Street)沿いで西洋菜南街(Sai Yeung Choi Street South)と花園街(Fa Yuen Street)の間に集中しています。旺角は観光スポットなのでほぼ立ち寄ると思うので、ローカルな香港文化を味わってみるのはいかがでしょうか?

003.JPG


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港で気軽に食べられるB級グルメ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について