トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港は月餅の季節がやってきました

香港香港/香港特派員ブログ

香港は月餅の季節がやってきました

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年9月10日

日本では中秋の名月ということで2018年は9月24日です。月見団子を食べて楽しみます。香港では「中秋節(Mid Autumn Festival)」として盛大に祝います。24日に祝う事もあり翌25日が祝日になっています。


香港では、月見団子の代わりに月餅を食べます。事の始まりですが、日本もそうですが、中国でも農作物の豊作を願う祭りの時に食べられていたと言われています。唐の時代には送り物として、宋のころは民間人にも広まり始めたそうです。民の時代には定着していたと言われています。


形は丸い月を表現していて、地方ごとに大きさは異なるようですが、基本的にはかなり大き目のサイズです。基本は外皮に蓮の実を使い、ラードやゴマ油が練り込まれた餡を詰め、中身は塩漬けのアヒルの卵の黄身を使います。その大きさとあいまって、かなり重く、1人で全てを食べるのはなかなか大変です。味は、外側はほんのり甘く、黄身はしょっぱいのでそのアンバランスで日本人は好き嫌いがはっきり分かれるようです。そこに革命を起こしたのが香港の最高級ホテル、ザ・ペニンシュラ香港で、黄身をカスタードにして、1人でも食べやすくサイズダウンしたものを販売します。すると食べやすいと一気に人気になりました。

Spring Moon's mini egg custard mooncakes - 02.jpg

ペニンシュラの月餅(写真提供:ザ・ペニンシュラ香港)

DSC_6271.JPG

香港各地で行われている月餅のプロモーションのようす

DSC_6240.JPG

スーパーなどでも月餅商戦全開です


「スイーツ」となったペニンシュラの月餅以降、さまざまな月餅がざまざまな企業から登場し、アイスクリームの月餅まで発売されるようになりました。 香港では月餅を送るのは感覚的にはお中元に近いものがあります。一大商戦ですから、香港のスターバックスやハーゲンダッツすら月餅を販売しているほどです。 そういう意味では香港らしいお土産候補にしてもいいと思います。


中秋節は、いろいろなランタンがあったり、子どもはおもちゃで遊ぶなど楽しい夜です。日本とは違う風習ですから、ぜひその雰囲気を味わってみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港は月餅の季節がやってきました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について