トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 「Dragonfly」。アシュレー・サットンによるデザインの幻想的なバーが再び

香港香港/香港特派員ブログ

「Dragonfly」。アシュレー・サットンによるデザインの幻想的なバーが再び

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 夜遊び・クラブ・お酒 投稿日:2018年9月14日

香港のバーの世界において、オーストラリア出身でバンコク在住のインテリアデザイナーAshley Suttonという名前はすっかり浸透しています。今回の2018年8月下旬にオープンした「Dragonfly」は、「Ophelia」、「J. Boroski」、「The Iron Fairies」、「Yojimbo」、「Dear Lily」に続く6店舗目の彼がデザインしたバーです。(写真提供:Dining Concept、Sinclair)

001 DF_13Aug18_0024_Hi_Res.jpg

今回の店は、2018年5月29日に荷李活道(Hollywood Road)にある旧中環警察署(舊中区警署)などの跡地を文化複合施設として改修してオープンした「大館(Tai Kwun)」の中にあります。店はボヘミアン調のバーラウンジになっていて、19世紀のアール・ヌーヴォーを意識した内装になっています。ジュエリーのティファニーの創業者チャールズ・ルイス・ティファニーの息子、ルイス・カムフォート・ティファニーはアメリカにおけるアール・ヌーヴォーの芸術家として知られていて、現在のステンドグラスのデザイン、色、製法に大きな影響を与えたことでも知られていますが、そう言うところからもヒントを得ています。


インテリアを実際に見ると、人とトンボが融合した巨大オブジェ、鉄でできた500個を超える小さなトンボが店のいたるところにいます。天井を見上げれば黄色のトンボが絵が描かれたターコイズ色でかつランタンを意識した照明が所せましとあるなど、この店もこれまでのバー同様に客を魅了するデザインになっています。

002 Dragonfly - Turquoise Glass Lamps featuring yellow dragonflies.jpg

バーですから、多彩なアルコールが用意されていますが、やはりカクテルがバーの主役です。例えば、「Madam Marie」(140 ドル)はウォッカベースにレモン、トマトジュースなどを加え、なんとオイスターが乗るという不思議なカクテルです。「Monet's Teapot」(208ドル)はジン、日本酒、アップルリキュールなどが入ったカクテルで、画家のモネの家の庭をイメージしています。

003 Dragonfly - Madam Marie.jpg

Madam Marie


料理はお酒にあうおつまみ的なメニューが揃っていて、例えば、下の写真の「Cecina" Air Dried Beef Ham, Mustard Sauce, Crostini's」(158ドル)はハム、クロスティーニにマスタードソースがかかったものです。

004 Dragonfly -


香港は食の都ですが、"酒の都"でもあるので「Dragonfly」で非日常的な空間を楽しんでください。


★Dragonfly
所在地:Shop 10 - G1, Tai Kwun, 10 Hollywood Road, Central, Hong Kong(MTR中環(Central)駅D2出口から徒歩10分)
電話:2777 2633
営業時間: 17:00~深夜

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 「Dragonfly」。アシュレー・サットンによるデザインの幻想的なバーが再び

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について