トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港のWiFi事情

香港香港/香港特派員ブログ

香港のWiFi事情

カテゴリー:お題 / 通信・携帯・インターネット 投稿日:2017年5月 6日

ガイドブック片手に観光旅行するだけではなく、スマートフォンがあれば旅行もより快適になることは間違いありません。一番怖いのはデータローミングの時の通話料です。パケ死はしたくありませんから、WiFiスポットがどれだけ充実しているかは、観光客には重要になります。


香港はそういう意味では、比較的快適にWiFi環境が整っていると言えるかもしれません。一番使えるのは香港の電話会社CSLが提供しているサービスです。アプリで「WiFi游香港」という観光客向けのWiFiアプリがあります。これをダウンロードすると、地下鉄構内、セブンイレブン、サークルK、スターバックス、セブンイレブン、競馬場でWiFiが利用できます。

001-1.jpg002-1.jpg

CSLのWiFiのアプリの画面


香港政府はメジャーとなる観光地周辺で「govwifi」を提供しています。政府系の強みは、市民会館のような公共施設から一般道路でも使えることです。若干、電波が弱いのが難点です。香港での買い物はショッピングモールは外せませんが、メジャーなショッピングモールにいけばほぼ間違いなくWiFiが通じます。時間制限をかけているところはあまりありませんが、一定時間ごとに一度寸断されるので、再び接続する必要がある場合があります。

004-1.jpg003-1.jpg

香港政府提供のWiFi画面

006-1.jpg007-1.jpg008-1.jpg

有名ショッピングモールifcのWiFi画面


ほかにもHSBC、シティバンク、中国銀行(香港)などといった銀行なども無料のWiFiサービスを提供しています。ちょっとした施設ではWiFiを提供している確率が高いので、事あることにWiFiをOnにしてみてください。


また、香港のホテルでは宿泊者向けに無料でスマートフォンを貸し出しているところがあり、データローミングは無制限というのがあります。ホテルによっては日本までの電話も無料というところがあるので、そうなるとWiFiすらいらないという、ある種のネット先進都市ともいえる場所です。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港のWiFi事情

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について