トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > ラストエンペラー、溥儀の生誕110周年及び辛亥革命105周年記念展示会

香港香港/香港特派員ブログ

ラストエンペラー、溥儀の生誕110周年及び辛亥革命105周年記念展示会

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年11月28日

映画『ラストエンペラー』を観た人も少なくないと思いますが中国最後の皇帝、清朝の愛新覚羅溥儀が日常生活で使用していたものなどを展示する「天子・公民─末代皇帝溥儀(From Son of Heaven to Commoner: Puyi, the Last Emperor of China)」が香港海防博物館(Hong Kong Museum of Coastal Defence)で2017年2月13日まで開催されています。


これは溥儀が生誕110周年であることと、孫文が中国の帝政に終止符を打った辛亥革命が起こって105周年という節目ということで企画されたものです。展示されるのは、2歳10カ月で即位した時に着用した黄色のドレス。これはラストエンペラーのシーンでも登場したので覚えている読者の方も多いと思いますが、その実物を見る事が出来ます。

puyi-1.jpg

映画でも家庭教師だったアイルランド人のレジナルド・ジョンストンというのが登場しますが、彼の影響で溥儀は西洋文化に興味を持ち、カメラなども展示されます。ほかにも生活用品や日記などもあるので、見どころ満載のイベントとなっています。

puyi-2.jpg


日本軍の傀儡として満州国の皇帝にもなった溥儀。戦後は庭師として生活してますが、この展示会を通じて、近代史、当時の帝国主義などなども理解する事が可能な貴重な機会かと思います。


★香港海防博物館(Hong Kong Museum of Coastal Defence)
住所:175 Tung Hei Road, Shau Kei Wan, Hong Kong
アクセス:地下鉄筲箕湾(Shau Kei Wan)駅B2出口から徒歩15 分
電話:+852 2569 1500
営業時間:10:00~17:00。木曜休館
入場無料

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > ラストエンペラー、溥儀の生誕110周年及び辛亥革命105周年記念展示会

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について