トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港の病院のかかり方その3(公立か? 私立か?)

香港香港/香港特派員ブログ

香港の病院のかかり方その3(公立か? 私立か?)

カテゴリー:お題 / 美容・健康・病院 投稿日:2016年9月15日

筆者は過去2回、香港の病院のかかり方を書きましたが、
https://tokuhain.arukikata.co.jp/hongkong/2013/01/post_300.html (1回目)
https://tokuhain.arukikata.co.jp/hongkong/2013/05/2_2.html (2回目)

001 tuen mun hospital-1.jpg

巨大な公立病院


今回は、これまでに書いていなかった情報なども盛り込みたいと思います。まず、公立病院と私立病院があります。公立病院の場合、香港のIDカード所有者であれば急患の初診料は100香港ドル、普通科の問診は45ドル、注射は17ドルで受ける事ができます。しかし、観光客などはIDカードは持っていませんので、その場合の急患の初診料は990香港ドル、通常の問診が385ドル、注射は100ドル、仮に入院した場合は1日4680香港ドルとなります。

002 Ruttonjee reception.jpg

急患の受付

003 Ruttonjee paper.jpg

急患のときに渡される紙


私立病院の場合は、IDカード所有かどうかは関係ありません。普通の問診は、初回ですと病院に寄りますが、680から2160香港ドルです。もし入院した場合は急患の場合1等が1日5640香港ドル、2等が3760香港ドル(香港では入院する部屋でも飛行機のようにクラス分けがあります)、通常の入院の場合は、1等が5610香港ドル、2等が3740香港ドルです。このように私立病院は高額になる事がほとんどです。
公立病院だと英語か広東語になってしまいますが、私立だと日本語の対応をしてくれるところがあります。それがアドベンティスト病院です。大きな総合病院でここに行けば日本語で対応してくれます。
https://www.hkah.org.hk/jp/main (日本語)
こちらは日本語が堪能なLisa Chamという医師のクリニックで日本の保険が使えるので、ここが一番いいかもしれません。
http://www.clinichongkong.com/


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港の病院のかかり方その3(公立か? 私立か?)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について