トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 昔ながらのワゴン式の飲茶を楽しめるレストラン

香港香港/香港特派員ブログ

昔ながらのワゴン式の飲茶を楽しめるレストラン

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2016年3月29日

飲茶は香港での食事の楽しみの1つですが、昔ながらのワゴンスタイルのお店は少なく、今では注文票を使ったオーダーを採用する中華料理店が主流です。ただ、日本人には料理名を見ても分かりにくいのですが、ここには日本語のメニューがあります。また、実際にどんな料理なのか直接目で見ることのできるワゴン式のほうがいいと思います。

001.JPG

中環(Central)にある「大會堂 美心皇宮」(City Hall Maxim's Palace)は香港でも数少ないワゴン式のレストランです。この店は35年を超える歴史があり、経営は美心集団(Maxim Group)という大手食品会社です。店は海側全体がガラスになっていて、非常に解放感があります。夜は本格中華料理を食べられる店としても有名です。

samantha tabasa.JPG

テーブルに座れば、ワゴンを押すウェイター、ウェイトレスが通るので待っているだけ。それまではお茶を淹れたりしているといいでしょう。料金はS、M、L、Tなどに格付けされ平日と週末料金に分かれていますが、価格帯は32ドル~50ドルです。
「海老蒸しギョーザ」が一番人気で中にはプリプリのエビが入っています。「貝柱とニラの餃子」は日本では珍しい飲茶メニュー。ニラの風味が効いた料理です。「蟹の玉子のせシュウマイ」は定番のシュウマイに蟹子を上に乗せたもの。日本人には食べやすいでしょう。
このほか一品料理もあり、「鶏肉と干し魚入りチャーハン」(95ドル)は香港では定番のチャーハン。運ばれてくるときはちょっと魚の臭みがありますが、食べると非常においしく、臭みはすぐ忘れるでしょう。

002.jpg003.jpg

近くはIFC Mallというショッピングモールもあるので、食後に買い物する人などにピッタリの場所ですし、目の前には巨大観覧車があるのでそちらに足を運ぶのも良いでしょう。

004.jpg

★City Hall Maxim's Palace
住所: 2/F., Low Block, City Hall, Central, Hong Kong
アクセス:地下鉄中環(Central)駅から徒歩8 分
電話:+852 2521 1303
営業時間:月~土曜=⒒:00~15:00、18:00~22:30、日曜、祝日=9:00~
15:00、17:30~23:30


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 昔ながらのワゴン式の飲茶を楽しめるレストラン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について