トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港の中心地にある九龍地区を一望できる観覧車

香港香港/香港特派員ブログ

香港の中心地にある九龍地区を一望できる観覧車

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2015年9月25日

観光地として見どころがたくさんの香港ですが、香港の中心部、中環(Central)地区にあるフェリーふ頭横に高さ60メートルの観覧車「香港摩天輪(The Hong Kong Observation Wheel)」が新たな人気を集めています。海岸沿いにあるのと、高さ20階建に相当するので九龍側の景色が一望できるということで観光客の人気を集めています。

001 obervation wheel-1.jpg

具体的な場所はスターフェリーふ頭そば、IFCという高級ショッピングモールからも徒歩数分というアクセスが非常に便利なところです。観覧車といえば、ロンドン・アイやシンガポール・フライヤーが有名です。香港の観覧車はそれよりは小さいのですが、ロケーションがいいところにあるので眺めが抜群です。上記に九龍側が一望できると書きましたが、それだけではなく香港島の景色、特に湾仔(Wanchai)方面といった東側を堪能することができます。回転の速度は日本人が考えている以上に速いので、1回乗車すると15分から20分=3周から5周してくれるそうです。

002 observation wheel-2.jpg

ゴンドラは1台あたり8人乗りで計42台あります。蒸し暑い香港らしく冷暖房完備です。WiFiにも対応しているので撮影した写真をすぐにフェイスブックやツイッター、インスタグラムといったソーシャルメディアにすぐアップできます。

003 HK observation wheel-3.jpg

元々、2016年6月までの期間限定だったのですが、2014年12月のオープンから2015年8月中旬までに65万人が訪れ、12月には100万人を突破しそうな勢いであることから、どうやら1年延長されるようです。延長されるにしろ、されないにしろ期間限定であることには間違いありません。幸いにも、好調な客数とは言え、長時間並ぶということはないので稼働中に香港を訪れた方は、乗ってみてはいかがでしょうか? 


★香港摩天輪(Hong Kong Observation Wheel)
住所:中環民光街33号(33 Man Kwong Street, Central)
営業時間:10:00~23:00
料金:大人100香港ドル、子ども(12歳以下)・学生・シニア・障害者70香港ドル

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港の中心地にある九龍地区を一望できる観覧車

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について