トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港における「僕の夏休み」

香港香港/香港特派員ブログ

香港における「僕の夏休み」

カテゴリー:お題 / イベント・行事・お祭り / 旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2015年8月29日

香港の学校は9月から1学期が始まり終わるのが大体6月。夏休みは7月から2カ月の長期間となります。7、8月は香港には祝日はなく、お盆もないのでサラリーマンは時間を見つけて夏休みを取ります。日本とは違い有給休暇は簡単に取れるので、会社や同僚との時間調整さえすれば問題なしです。まず、大勢の人は海外旅行に出かけます。香港は中国の一部ですが、香港独自のパスポートがあり、香港人が中国に行くにはパスポートをいらないケースがありますが、中国本土の人が香港に来る場合はパスポートが必要です。日本のように47都道府県あるわけではないので、香港からでることは、それイコール海外旅行となります。大体1週間くらいの旅行が多いようです。

001 HK International airport.jpg

香港の場合、地理的に最高の場所で東南アジアには数時間のフライトで着きます。どこにでも簡単に行けるのです。そして、香港人の一番の人気渡航先は日本です。中国本土の人とは違い、爆買いはほとんどしませんが、彼らは文化的なレベルの高いので、行く先々で問題を起こすことはほとんどありません。そして、一番ありがたいのは、リピート率が高く、何度も何度も日本に訪れる人が多いのです。日本観光業界は香港人をターゲットにした戦略を立ててもいいと思います。

002 ite.jpg

かといって、全員が海外旅行にいけるわけがありません。この時期は、香港内でのイベントが目白押し。夏休みに先立ち6月には観光のエキスポが開かれ、日本のブースは大盛況でした。7月には何十万人と言う人が訪れるブックフェアがあります。びっくりするような価格で雑誌や本が売られる大人気のイベントです。そして、8月にはフードエキスポが開催されます。これは飲食業界のビジネスも兼ねるほどで2015年は林農水大臣も訪れるほど。一般の人は、世界各国の料理や食材を買います。この前に書いたように、ガンダムやマジンガーZのイベントが開催されたりするので、暇を持て余すことなく過ごせる香港の夏休みと言えそうです。

003 bookfair.jpg

004 food expo.jpg

005 gundam.jpg

8月お題"ぼくの夏休み"

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港における「僕の夏休み」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について