トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港の無料地上波放送が来年、閉局!!

香港香港/香港特派員ブログ

香港の無料地上波放送が来年、閉局!!

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー 投稿日:2015年5月30日

少し前の話に日本では無料地上波放送局で最大視聴可能な場合6局7チャンネルあります。700万人しか人口がない香港の場合2局4チャンネル(両局とも広東語と英語放送が1局ずつ)だったのですが、香港政府の閣議に当たる行政会議は、亜洲電視(ATV)の無料放送の免許更新の継続を打ち切る決定をしました。

001 ATV-1.JPG

ライセンス打ち切りを報じるATVの放送


テレビ局の免許更新を認めなかった事は初めてのことですが、日本でいうならNHKか民放のどこかが消えることが確定したわけです。ちょっと考えにくいことですがそれが実際に香港で起こりました。理由はここ数年、オーナーが頻繁に変わったりして経営状況が悪化し、放送のクオリティーが下がる一方だったほか、給与の遅配まで発生していたことなどです。実際、債務は20億ドルあるといわれており、資産は12億ドル。すべて売却できたとしても8億ドルの借金がまだ残るという状況でした。ATVのライセンス更新をしないことに伴い、香港政府は香港通信大手のPCCWが運営する「香港電視娯楽(HKTVE)」に向こう12年間の無料放送の権利を与え2年以内に広東語と英語チャンネルを1局ずつ開局することになっています。

002 ATV-2.jpg

ATVの社屋


香港では有料放送の普及が進んでおり、実際に一般家庭が見るチャンネルは20はあるためATVがなくなっても大きな影響はないと思います。ただそれは海外のチャンネルを放送しているのが少なくないので、例えば、香港のホテルでテレビを見るとき、地元のチャンネルを見る機会が減るという点では悲しいものがあります。そして、在住者としては、なんだかんだいっても無料放送がなくなるというのはやっぱり残念なものです。

003 ATV-3.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港の無料地上波放送が来年、閉局!!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について