トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 実は香港の人気のおみやげの1つは「金」

香港香港/香港特派員ブログ

実は香港の人気のおみやげの1つは「金」

カテゴリー:お金・通貨・両替 / お題 / ショッピング・雑貨・お土産 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2015年5月23日

金の延棒はお金持ちの象徴的なところがありますが、為替や株と比べて変動幅が少ないので長期の保有資産としての価値が高いからです。世界の金価格の下支えをしているのは中国人とインド人であることは世界的にも知られています。で、なぜ中国人が金を好きかというと、あのきらびやかさ、歴史的に紙幣に不信感を持っているので人民元はいつ紙くずになるかわからないと思っているからです。その裏返しとしてやはり金の保有に走ります。

ということで香港には中国に大勢の観光客がやっていますが、多くの人が貴金属店に必ず寄っていきます。その目的は宝石の購入だけでなく資産としての金の購入があるからです。香港の街を歩くとコンビニエンスストアのように宝石店を見ますがそれだけ出店しても中国人が金を求めて来店するということです。

香港最大手の貴金属店、周大福(Chow Tai Fook)にいってみました。すると、ありました、金色のディスプレーが。ブレスレット、指輪、イヤリング、ネックレスなど金のアクセサリーのオンパレード。値段は大体4、5桁の数字が中心です。店内をチラッと見ましたが、店員と真剣に会話をしている中国人の姿がありました。

001 gold at chow tai fook.JPG


では、高級時計店はいかがでしょう? オメガにいってみたら、目に付く店の正面にディスプレーされていたのは金の時計でした。これになると資産だけではなく成功した象徴として身に着けるという意味もあります。自国の信用しきれない中国人の悲劇も感じましたが、今月のお題であるゴールデン○○という意味ですと、香港は年中"ゴールデンな都市"といえそうです。

002 omega at k11.jpg

(5月お題"ゴールデン○○")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 実は香港の人気のおみやげの1つは「金」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について