トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > (安全情報)「セントラル占拠」について

香港香港/香港特派員ブログ

(安全情報)「セントラル占拠」について

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2014年9月11日

提示した下記リンクにあるように、香港にある日本総領事館からも注意喚起的なリリースが出されたセントラル占拠「占領中環 Occupy Central」についてです。


http://www.hk.emb-japan.go.jp/jp/docs/demo_announce_20140829.pdf


日本でもニュースとなりましたが、具体的には、香港の政治制度改革の1つとして普通選挙の実施についてのことです。2017年に実施される香港のトップを決める行政長官選での普通選挙実施を中国政府は認めました。ただ、1人1票は認めたのですが、被選挙権につきましては誰でも立候補できるのではなく、事実上、中国政府の共産党の息がかかった人しか立候補できない仕組みになることが発表されました。
これにより民主派は1国2制度という高度な自治が無視され、、民主派から擁立することは不可能になったことに憤慨しました。以前から「私たちが納得する選挙制度でなければセントラル占拠する」と言っていましたので、それが実行される公算が高くなっています。実施時期は中国の大型連休である10月頭になるだろうと見られています。

001 universal suffrage-1.jpg

警察から放水されることを想定した
民主派の訓練のようすを報じた新聞


観光客は「香港の民主派が日本で行っているような選挙制度を獲得するための中国共産党に対する戦いをしている」のだということを念頭に入れてください。一部には過激な民主派がいますので暴力もしくは警察沙汰になるのではという懸念がされています。ただ、今回においては、それまで一部の過激な行動が香港社会の非難の材料にもなってきたので彼らも大胆な行動に出にくくなっています。経済に大きな影響を与えるといわれていますが実際はいわれているほどではないでしょう。理由は、民主派は平和的に占拠することで警察が強権を振ってきたときに国際世論の非難の対象となることを知っていること、人間は適応能力があるので占拠される周辺の会社はすでに対策をしている企業も少なくないことなどが上げられます。鍵はどちらかというと、警察が強制排除の動きをするかどうかで、排除のやり方次第でどう混乱するかが決まってくると思います。


ですので、観光客はセントラル占拠がはじまりましたら現場近くにさえ行かなければいでしょう。そうすれば普通に香港で買い物を楽しめると思います。海外旅行の鉄則である治安の悪い地域に行かないということをしっかり守れば大丈夫かと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > (安全情報)「セントラル占拠」について

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について