トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港で気をつけたい旅のトラブル

香港香港/香港特派員ブログ

香港で気をつけたい旅のトラブル

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2014年8月26日

 香港は夜でも女性が1人で街を歩いても大丈夫なほど治安がいい街です。ですが、海外であることには変わりませんので日本と同じ感覚というのはやめておいたほうがいいでしょう。


 スリは多くはありませんが、それでもいます。バッグは間口にジッパーがついているのが望ましいと思います。また、タクシーにもご注意を。外国にありがちな、わざと遠回りをするタクシーがあります。正直、土地勘のない人は防ぎようがないといえばないです。ただ、事前にホテルのコンシュルジュに目的地までのおおよその金額を聞いておくといいでしょう。もう1つは、ドル単位ではなく小数点以下のセントのお金を返さないタクシードライバーがかなりいます。つまり運賃が30ドル60セントで31ドル支払った場合40セントを返さない運転手です。40セントなので返してもらうのを伝えるのは、お金にちょっと細かすぎると思われるかも知れませんが、間違っているのは間違っています。今後やってくる別の観光客に同じことをする可能性があります。お金の問題のみならず、サービス業に携わっているものとしての態度の問題ですから、しっかりおつりは要求したほうがいいでしょう。もしそれでも拒否してきたら、助手席前にある運転手の名前と写真を携帯電話などで撮影すると、ドライバーは「警察なりに通報されるかも」と考えるので、効果があります。

fake watch.jpg

重慶大廈前で交渉しているようです


 香港の繁華街、尖沙咀(Tsim Sha Tsui)にある弥敦道という目抜き通りにはカメラを中心とした電化製品が売られています。ここは値札がないため言い値になるので、確実に高額な値段を言われます。香港にはフォートレス、ブロードウェイという家電量販店がいくつもあるので、そちらで購入してください。バックパッカー御用達のビル重慶大廈(ユースホステルがたくさんあるビルです)前では、堂々と「ニセモノ時計」と日本語で話しかけてくる人がいます。無論、彼らからその通りで格安でニセモノブランド時計を買うことができますが、すぐ故障するようですし、そもそもニセモノですから買わないようにしてください。


以上、書き並べましたが、これらは海外の都市なら起こりうることですが、普通に気をつけていればトラブルを避けることができると思います。


8月お題"気をつけたい旅のトラブル"

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港で気をつけたい旅のトラブル

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について