トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港市民、テレビ局のライセンス発給で激怒

香港香港/香港特派員ブログ

香港市民、テレビ局のライセンス発給で激怒

カテゴリー:通信・携帯・インターネット 投稿日:2013年10月21日

人口が1億を超える日本の無料テレビキー局は6局7チャンネルありますが、香港はTVB(無線電視)とATV(亜洲電視)2局がそれぞれ広東語と英語放送を放送する4チャンネルです。人口700万人ということを考えれば妥当なテレビ局数かもしれません。もちろん有料放送に加入すれば日本並みの充実したチャンネル数となります。

それはさておき、2局ありますが視聴率はTVBが実質75%位占めていると言われ、実質1局寡占状態といってもいいでしょう。香港政府は競争を促進させるため新しく3局を認可することを決めました。

001 Protest of TV licence-1.jpg

結果、2社が認可を受けたのですが、試験放送でドラマまで製作するなど一番準備が進んでいると思われたHKTV(香港電視網絡)だけが落選しました。香港政府は具体的な落選を理由を述べておらず、かつ審議過程が不透明なことからこれに反発した香港市民が10月20日デモ行い、大勢の市民が参加しました。

トップの王維基氏は昔通信業界に価格破壊を起こすなどメディアの寵児として有名で、香港のテレビ局は中国の国営放送、中国中央電視台(CCTV)のようになってはいけないなど、言論・報道の自由に関する発言をしていました。香港政府は免許交付に関し中央政府に配慮またはなんらかの圧力に屈したのではないかというのを香港市民は感じたわけです。

002 Protest of TV licence newspaper-1.jpg

デモの人数は主催したHKTVの労働組合によると8万人、少なめに数を発表する警察で3万6000人。どちらにしても事前の予想を超えるデモ参加者だったので(フェイスブックでの呼びかけが功を奏したようです)、香港政府いや中国政府はまた悩みの種が1つ増えました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港市民、テレビ局のライセンス発給で激怒

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について